SRPとは

歯周病の治療のために京都市伏見区の歯医者を訪れた際、SRPという歯科治療を勧められた人がおられるかもしれません。SRPとはスケーリング&ルートプレーニングと呼ばれる歯周病治療の略です。使用する器具はハンドスケーラーや超音波発信機などで、歯と歯茎の間に存在する細菌を除去することに重きが置かれた歯科治療です。
京都市伏見区の歯医者でも詳しい説明がなされますが、SRP後は歯と歯茎の間、つまり歯周ポケットが小さくなります。歯周ポケットはそこに入り込んでいる歯周病菌が原因で大きくなります。しかしSRPによって歯周ポケット内の細菌を除去してしまえば、歯周ポケットを大きくする要因がなくなるわけです。
そのためこの歯科治療は、歯周病に悩んでおられる人にお勧めできるものです。先にも述べたように、京都市伏見区の歯医者はこの治療法についての詳しい説明を行ってくれますので、さらなる情報を得たい人はこの点を尋ねるべきです。