SPTとは

京都市伏見区の歯科では、SPTを行っています。SPTとは、歯の治療を行った後、再発しないよう、また他の歯にトラブルが起こらないよう推進していく事です。歯医者の存在は、今までは「虫歯になってから歯科に行く」でした。しかし、これでは手遅れになる事もあり、治療費も高額になってしまいます。そのため、京都市伏見区の歯科を含め、全国の歯科でも定期的に健診を行う事を推進しており、虫歯チェックや歯石の除去、ブラッシングの指導などを行い、早期治療、予防歯科を行っているのです。京都市伏見区のどの歯科でも、定期健診として2~3か月に一度の検診を行う事ができ、治療だけをする歯科ではなくなっています。一番は、患者さんが予防歯科に対し意識を持つことで、治療による痛みを味わずにすみ、治療費にお金がかかる事もないのです。