か強診とは

「か強診」という名称をまだほとんどの人が耳にしたことがないと思われますが、正式には「かかりつけ歯科医機能強化型診療所」の略称が「か強診」となります。聞いたことのある人があまりいないのは当然で、2016年の診療報酬改定によって新設された概念で、まだまだ普及しているとはとうてい言えません。
一定の施設基準を満たした医療機関が「か強診」の認可を受けることができます。「か強診」の認可を受けることによって診療報酬が加算されることになっていますので、これから京都市伏見区においても「か強診」の認可を受けることを目指す歯医者が増えていくことになるでしょう。ただ、現在の体制では「か強診」の認可を受けることができるのは1割程度と言われています。