メタルボンドクラウンとは

メタルボンドクラウンとは、金属のベースの表面にセラミックを付けたクラウン、つまり差し歯のことであり、京都市伏見区の歯医者や歯科でも利用されることがあります。メタルボンドクラウンは見た目が美しく、内部が金属であるため強度が強いということが最大のメリットで、その点に魅力を感じる患者さんが京都市伏見区の歯医者、歯科にも多くおられます。
ただし、デメリットとしては金属アレルギーのリスクを完全に排除できないことや、保険を適用できないため治療費が高額になる場合がほとんどという点が挙げられます。京都市伏見区の歯医者や歯科においては、様々な観点からそれぞれの患者さんに適したクラウンを選択できるため、メタルボンドクラウンを含めた様々なアイテムを選択肢に上げることができます。


ジルコニアセラミックとは

京都市伏見区の歯医者で歯を治療したことのある人は、ジルコニアセラミックという素材について聞いたことがあるかもしれません。この素材は最近の歯科治療によく用いられるものです。 歯科治療の際に保険が適用される詰め物や被せ物は、金属であるために目立ってしまいます。しかしジルコニアセラミックは歯に似た色をしているために、目立つことはありません。そのため京都市伏見区の歯医者を訪れる患者の中にも、この素材での歯科治療を希望する人が増えています。
またこの素材はセラミックよりも頑丈であるという特徴を有しています。そのためセラミックを使用したいものの、強度に不安があると感じる患者に対して、京都市伏見区の歯医者はジルコニアセラミックを勧めることがあります。