歯の着色

今日は歯の着色についてお話します。


歯についている着色ですぐ頭に浮かぶのは①「煙草のヤニ」でしょう。


その他には②「コーヒー、紅茶」などの飲料、③「うがい薬」なごがあります。


③うがい薬についてはごくたまに風邪の予防のために毎日イソジンで


うがいしている人がたまにおられますがこれはかなりの着色量です。


本人がなぜ着色しているかわからないこともありますのでもし心当たりの


ある方は違う薬剤に変えてみてはいかがでしょうか。


①については今更ですがつかないようにすることは難しいです。どうしても


気になる方は見えるとこだけでもいいですので歯を磨く回数と時間を


多くしましょう。多くした分だけつく量が減ります。


②についても予防は難しいですが「麦茶」は着色が少ないようです。



ではついてしまった場合はどうするかといいますと、、、


やはり歯医者さんで取ってもらうことになりますがいろんな道具があります。


多量についてしまった場合のお勧めは、微粒子をジェット水流で歯に


吹き付ける機械。ヤニなど歯の間など細かいところまでとれますが、


どの医院でもあるわけではないのでご確認を、また美容としてとらえると


保険適応にならないこともあります。ともかく歯医者にてご確認ください。


親知らずって何?

おはようございます。


今日は親知らずについて。


さて親知らずってどんな歯でしょう?


答えは前から数えて8番目の永久歯のことです。この歯は生えるのが早くても


18歳ぐらいから、埋まったまま生えないことも多くまた、上下左右4本が


すべてあったり一部なかったり全くなかったり人それぞれです、親の手が


離れてからしか存在がわからないのでそんな風に呼ばれています。


昔の人は顎が大きく親知らずまできちんと生えていたのですが現代人は


食べ物が柔らかく顎の発達が小さいので親知らずが生える場所がなくなって


きています。なので斜めに生えたり、顎の骨の中に埋まったままになって


しまいます。完全に埋まっていればいいのですが中途半端に生えると


食べかすが歯茎に食い込んだり虫歯になりやすかったりいろんな問題が


でてきます。また治療しようとしても奥過ぎて届かなかったり傾いていて


できないことが多くそのせいで抜かなくてはならなくなることが多いのですが


それさえも困難になることがあります。どちらにしても奥歯は最後の歯まで

 

きちんと確認して磨き残しの無いようにしましょう。


ちなみに上の親知らずは磨くことが不可能なことがありますが逆に抜くことは


下の親知らずに比べて簡単なケースが多いです。


マニキュア

本日はマニキュアについてお話します。


マニキュアといっても爪にするそれではなくて歯に塗るマニキュアです。


当院で使っているのはクラレのホワイトコートという商品です。


先日ご紹介した歯のホワイトニングとは違い、女性の皆さんが使っている


マニキュアと同じように歯の表面に塗って固めるものです。


この方法はホワイトニングと違い自分の希望の色を選んで


すぐに塗れるという点です。歯を削ったりする必要がないので


気にいらなければもとに戻すのも比較的容易です。


欠点としては若干自然さに欠けること ,反対の歯が当たるところには塗れない


ことなどがあります。僕は結構気に入っていて前歯の部分的な変色や、


破折線なども隠すことができるので便利ですが煙草を吸う方はその上から


やにがついてしまうのであまり意味はないかもしれません。


極端な例として次の日が結婚式なので今日中に見た目だけでも何とかしたいと


思った場合でも有効かと思います。


当院では3カ月保証で1本2100円ですがだいたいの相場だと思います、


首都圏ではもっと高いかな?人によっては1年以上きれいについていますが


かみ合わせの加減で部分的に早期にはがれおちてしまう時もあります。


もとに戻すのが簡単なので一度試してみてはいかがですか。


骨粗鬆症の薬

おはようございます。


昨日は京都インプラント研究会の総会に出席してきました。総会の後に


講演会があったのですが今回はビスホスフォネート(以下BP)に


ついてでした。これはいわゆる骨粗鬆症の薬で中年以降の方は


整形外科等から日常的に処方されている方も多いです。


十数年前より登場し副作用がなく効果の高い薬として広く普及して


きましたが最近になって厄介なな副作用が報告されるようになって


きました。BPを飲んでいる方の口の中で外科的な治療(歯を


抜いたり、インプラントなど)をすると骨が露出したまま傷口が


治らなくなってしまうというものです。しかも原因も分からず対処法が


今のところない!発症率は4%ほどですが、ほとんどの方が生涯1度も


歯を抜かないことはないと思うので問題です。治療する歯医者側に


とっても対処の方法がないということでとても怖いものです。


薬の効果としてはとてもいいと思うのですが今までは副作用がないと


いうことで気軽に予防的に投与されている方も多くいるようです。


しかもこの薬は服用をやめても骨の中から10年ぐらいは抜けない


らしいのです。これらのことは、もっと一般の方にも情報発信して


その投薬が今本当に自分に必要なのか考える必要がありそうです。


まだまだ報告例は少ないですがこれからどんどん増えてきて大問題に


なるだろうと言う先生もおられます。


ホームページを作るぞ②

おはようございます。


本日はHP制作日記の続きです。このブログは当院のHPの制作を


D-styleさんhttp://www.dental-hp.net/に依頼した時点から


始まっています。


せっかっくHP制作が同時進行しているのでこれからHPを作ってみようかと


思っている方に少しでも参考になればと完成に向かっての状況を時々


報告させていただきます。


現在はまず自分のドメインの取得(HPの住所)とサーバー(HPの置き場所)の


契約をして仮ページをアップしてもらっている状態です。(リンクあります→)


D-styleさんではこれらを有料で代行してくれますが電話で相談すると


「手続きが簡単なので自分でしたほうがずっと安いですよ」と言われ


自分でしましたがほとんど助言どうりにしたのでやってもらったのとさして


かわりないです。本当に安く済みました


ここで気づいたのですがもし依頼してサーバーやドメインの名義が


業者になっていたらその業者を乗り換えるときに自分のHPが人質状態になる


こともあり得るような気がします?逆にここを自分でやらせたということは


管理に自信ありということでしょうか。管理費に関してはかなり安いほうだと


思います。あとロゴマークを作っていただいたのですが言うのが


恥ずかしいようなこちらのわがままを聞いてもらって出来上がりました。



001

 

伊熊なので「熊」です、でも「クマさん」ではなく「熊!」です

 

なかなかの出来で気に入ったので名刺や看板なども追々変えていきたいと


思っています。


ところで先日仮のHPながらもそこからの初来院がありました、検索にかかる


状況ではないのでデンターネットのリンクからだと思いますがうれしかった


です。