美容的うがいの仕方

おはようございます。


今朝も寒いですね、全国的に雪がたくさん降っているようですが伏見ではまだ


今シーズンは一度も積もっていません。スタッドレスを履いていないので何とか


このまま春を迎えてくれるといいのですが。


ところでいろんな患者さんを見ていて思うことにうがいの仕方が人によって全く


違うことです、「ではうがいをしてください」というとものすごい音


(グチュグチュ”!)をたてながらいつまでもしている人、


反対に一度水を口に含んで出すだけの人、


後者は結構多くこちらが歯を研磨した薬剤などが全くとれていません。


でも本人は全く気にしてない様子、、、、


これが美容に大きく差が出ます、年齢がいってくると口輪筋が弱ってきます。


これが口の周りのシワやタルミの原因の一つになります。


またもっと年齢がいくと摂食障害(うまく食べることができずに口から


こぼれてしまう)などの原因になります。それ用の口輪筋を鍛える道具


(パタカラ?)も売っていますが、そうなってから鍛ええるのはかなり困難です。


実際大きな音を立てて長くうがいしてみると結構しんどいです、でもそれで


上記の様な事の予防ができて口の中もきれいになるなら一石二鳥!


簡単でQOL向上と美容に効果あり!どうですか。




インプラント

おはようございます。今日はすごく寒いです↓



僕は寒いのが苦手なのでこの季節はどうしてもテンションが下がり気味ですが



PCの前は温かでいいですね。



先週1月30,31日に和歌山で行われたインプラント学会に出席してきました。



たくさんの参加者の中でおもしろい講演がたくさん聴けたのですがインプラントの



技術も少しづつ良く変わってきています。最近の傾向としては術者の自己満足に



ならないように患者さんの負担をなるべく少なくするようになってきています。



わかりやすいところでは今まで2回以上のオペが普通だったのですが、だんだん



1回法のオペが多くなってきます。これはされる側にとってはすごくうれしいことだと



思います。極端な例では1本も歯のない人がその日のうちに仮の歯までできてしまう



なんていうのもあります。



ただこれらのケースはまだ歴史が浅く理論も少しづつ変わりつつあるので誰もが



こんな恩恵を受けれるわけではありません、でももうすぐしたらインプラントももっと



身近に安く提供できる時代が来そうです。





歯医者的美容法

みなさんこんにちは。今日はちょっと寒いですが伏見では雪は降っていません。

 

ところで歯というのは口を閉じていると見えませんがしゃべったりしていると

 

結構目立つものです。皆さんもわかりますよね

 

人は異常があるところにはすごくよく気がつくのですが正常だと



あまり気にとめません。

 

典型的なケースで前歯の異常を治した後によく言われるのが

 

「とても奇麗になってうれしいのですが主人も誰も気づいてくれません」というセリフ。

 

ちょっとさみしいですがこれはあなたのことを見てないわけではありません、



正常になってしまうとそこが目に入らなくなるのです。



治す前はいつも目に入っていたと思いますよ。

 

もうひとつの原因は歯にコンプレックスがあるとしゃべる時に無意識に



口に手をかざしてしまったり,あまり口を開けずにしゃべる癖がついてしまい



なかなか治らないことがあります。

 

やっぱりしゃべる時や笑う時ははっきり口を開けれるようになるといいですね。

 

女性はもちろん男性もそれだけで魅力アップです。


QOL向上日記

皆さん こんにちは。

 

タイトル通り京都の伏見区にあるいくま歯科医院の院長のブログです。

 

このたびHPを開設することになりましたが先行してブログを立ち上げました。

 

タイトルにあるQOLとはクオリティーオブライフの略で、歯に関する有益な知識を



皆さんに少しでもお伝えして生活の向上に役立つよう情報発信していければと



思っています。

 

HPが出来上がるまで約2カ月ほどかかる予定です、それまでにもまずは



魅力あるブログを作れるよう頑張っていきたいと思います。

 

歯に関する質問などにも可能な限り答えていきたいと思います。


その前に読んでくれる人いるんだろうか?