知覚過敏とは

歯の表面は、エナメル質という非常に固い素材でおおわれています。その中に、象牙質、そして、その中に神経(歯髄)が通っているという構造になっています。象牙質には、象牙細管と呼ばれる小さな穴が無数にあいており、この象牙細管を通して、神経に刺激が伝わるようになっています。そのため、何らかの理由で、表面のエナメル質にキズがつき、象牙質がむき出しになると、虫歯ではないのに、歯がしみる、という感覚が起こるのです。これが知覚過敏と呼ばれる現象です。歯科医院では、「象牙質知覚過敏」と呼ぶ場合もあります。京都市伏見区の歯医者にも、知覚過敏の症状を訴える患者は少なくありません。知覚過敏は、虫歯ではないので、自然治癒することもありますが、虫歯の初期症状としてあらわれ、そのまま虫歯へと進行する場合もあると、京都市伏見区の歯科医院は指摘しています。歯がしみるというのは辛いものですので、知覚過敏の症状を和らげるために、薬を塗るという治療を行う歯科医院もあります。京都市伏見区の歯医者によると、強い力で歯を磨いたりしても知覚過敏を引き起こすことがあるそうです。いずれにしても、異変を感じたら、早めに歯医者に相談した方がよさそうです。


DMFTとは

京都市伏見区の歯医者では歯科治療をする前に患者の歯の状態をチェックするのですが、それはDMFTと呼ばれる虫歯を経験した歯の数を意味する歯科学の用語を用います。それによってこれまでの虫歯の数や治療の様子が記号化されることになるのですが、そのそれぞれの意味はDはdecayed(むし歯)そしてMはmissing(抜去された)Fはfilled(充填された)そしてTはteeth(歯)ということになります。京都市伏見区の歯医者では、歯科治療に入る前にこのDMFTを使うことが患者の歯の状態を的確に把握し、そしてふさわしい治療をしていくために活用されていきます。そしてこれはカウンセリングのときにも役立つものとなります。京都市伏見区の歯医者では、地域の人たちがこのDがなくなるように予防歯科にも力を入れています。


DMFとは

DMFとは、Decayed teeth(未処置う蝕) Missing teeth(う蝕が原因の喪失歯) Filled teeth(う蝕が原因の充填歯)の略です。過去にう蝕だった若しくは、現在う蝕になっているかといったことは関係なく、永久歯全てのう蝕の経験を対象としています。う蝕とは、虫歯などで歯質が脱灰した状態の歯のことを指します。
DMFは、あくまで、う蝕のことなので先天欠如や矯正治療で欠損した歯はカウントしません。DMF者率とは、DMFのいずれかの歯を1本以上有する被験者/全被験者数×100(%)となり、DMF歯率は被験者におけるDMF歯の合計/被験者数×100となります。
患者様にとっては、DMFといった言葉は聞きなれないかもしれませんが、少し知識として覚えておくと、歯医者の説明などが分かりやすくなります。京都市伏見区には、分かりやすく説明をしてくれる歯医者が沢山あります。定期的な歯科治療で、健康な歯を保ちましょう。


高齢化社会とは

京都市伏見区にて歯科治療を受ける方々の年齢は、徐々に高まってきている傾向があります。歯医者の患者の方々も、だんだんと年代層が高めになっている訳です。
というのも高齢化社会に関する問題があるからです。昨今では高齢の方々の割合が徐々に増加している傾向があり、それに応じて歯医者で歯科治療を受ける方々もだんだんと年配層が増えてきている訳です。
それは京都市伏見区の会社に対しても、例外ではあります。いわゆる高齢化社会は、京都市伏見区でも進んでいるからです。
ただし情勢が変化してくると、高齢化社会もいったん落ち着くと想定されています。現時点では歯医者での歯科治療を受ける方々は高齢者が目立ちますが、今後年数が経過すれば、また別の年代層の方々が増えるとも想定されているのです。


混同診療とは

医療における混合診療とは保険適用診療と保険適用外診療を同時に併用する治療のことの言いますが、日本における医療では混合診療は原則的には禁止されています。ただし、原則的に禁止ということになっていることからもわかるように、混合診療は一部認められている場合もあります。特に歯科治療の分野では混合診療はそれほど珍しくありません。しかし、一部認められている混合診療以外ではすべてが保険適用外診療をなり全額負担となってしまいます。
例えば、京都市伏見区の歯医者でもみられるように、虫歯の治療の為に歯を削るなどの治療は保険適用の治療として行い、その虫歯の被せ物や詰め物などは保険適用の治療か保険適用外の治療かを患者が自ら選ぶことができます。