高品質セラミック(詰め物・被せ物)

京都市 いくま歯科医院
HOME HOME >> 診療方針・治療案内 >> MICD ダイレクトセラミック

MICD ダイレクトセラミック

MICDコンセプト

MICDコンセプト


MICDとは最小限の侵襲で審美的な治療をする、つまりなるべく歯を削らずにきれいに治すという意味です。

いろいろな治療で使われますが当院で導入しているダイレクトセラミックはその代表的な治療法と言えるでしょう

ダイレクトセラミック(ダイレクトボンディング)

歯に直接ハイブリッドセラミックを張り付けていく方法です。

歯科材料の発展と術者の技量によって達成される極めて歯にやさしいハイレベルな治療となります。

さらに使われるハイブリッドセラミックは機械的性質だけではなく非常に高度な審美性を兼ね備えております。


症例1(正中離開 せいちゅうりかい)

もっとも多いのがこのケースです。

今までは歯を丸ごと削ってセラミックのかぶせもので修復していたケースで費用も30万円ほどかかり、歯の大半を削っての治療となりましたが今回は

ダイレクトセラミック


このような結果を得るのにが歯は全く削ることなく費用も7万円ほどで治療回数も2回の通院で終わりました。

やや継ぎ目は見えておりますがこれも次第に消えてわかりにくくなっていきます。

ダイレクトセラミック



次の写真も同じく前歯の隙間に何年も悩んでいたが歯を削ることに抵抗があり今まで悩んでいたが、歯を削らずに解決してとても喜んでおられた症例です。

ダイレクトセラミック

ダイレクトセラミック



症例2 詰め替え

次のケースは下の歯の銀の詰め物が気になると来院された患者さんです。

下の歯の場合小さい詰め物でも目立ってしまうので白い詰め物を望まれることが多いのですが過去の材料では強度的に不十分でできないことがありました。

しかしダイレクトセラミックを使用するとかなりのケースで行うことができます。

詰め替え

詰め替え


まるで少し虫歯のようにも見えますが、これは自然な着色を人工的に再現したもので自然な歯を表現するためのものです。

詰め替え

詰め替え

(後ろの歯は治療中です)



次の症例は歯の汚れは再現していないのでとてもきれいですが、やや自然な感じに欠けるかと思いますがこのあたりは好みの問題と思います。

詰め替え

詰め替え



ダイレクトセラミックの利点はほかにも万が一欠けてしまった時も修理が比較的容易な点にあります。

セラミックのかぶせものの場合は修理はほぼできませんのでやり直しになりますが、これは一部分の修理が可能です。

また、セラミック冠ほど硬すぎることがないので対合する歯にもやさしい修復となります。

欠点としては、セラミックのかぶせものに比べるとやや着色しやすい。しかし普通に歯を磨いてそれほど汚れていない方であれば問題ありません。

また、前歯を歯を削らずにできるといっても簡単に外れるものではないので、基本的に気に入らないからといってもとに戻せるものではないので十分に納得したうえで行ってください。


診療方針・治療案内へ戻る


Copyright © 2010-2017 Ikuma Dental Clinic. All Rights Reserved.
075-605-1082
京都市 いくま歯科医院 MENU