金属アレルギーについて 京都市伏見区のいくま歯科

指輪やネックレスなどの貴金属を身に着けたときに肌に湿疹や痒みなどが生じた場合、金属アレルギーが考えられます。しかし金属アレルギーは、貴金属だけで起きるわけではありません。実は歯科治療で使われる金属素材が、金属アレルギーと深く関わっていることがあるのです。

 

■歯科治療における金属アレルギーとは

歯科治療における金属アレルギーとは、歯科治療で使われている金属素材が引き起こすアレルギー反応のことです。歯科治療で使われる金属とは主に保険適用の金銀パラジウム合金やアマルガムで、金銀パラジウム合金は詰め物や被せ物、アマルガムは現在ほとんど使われませんが、昔の歯科治療では詰め物としてよく使われていた水銀を含む金属素材です。

金属アレルギーは、唾液により金属イオンとなってお口の中に溶けだして体内に蓄積され、アレルギー反応となって起こり、近年増加傾向にあるようです。

 

■金属アレルギーの症状について

貴金属による金属アレルギーは症状が皮膚に出ることがほとんどですが、歯科治療が原因の金属アレルギーはお口の中だけでなく、皮膚炎や、アトピー性皮膚炎のように全身の症状となって現れることがあります。

 

・口内炎など口腔粘膜に現れるもの

お口の中にある金属素材が粘膜に接することにより、内頬や舌が赤くなったり、口内炎となって現れる場合があります。

 

・湿疹、アトピー性皮膚炎

お口の中で溶け出した金属イオンが溶けだし、アトピー性皮膚炎や湿疹など皮膚に症状が出る場合があります。特にアトピー性皮膚炎は花粉症やハウスダスト、ダニなどが原因とされていますが、その中のひとつに歯科治療の金属素材があるのはあまり知られていないようです。

 

・脱毛症

金属素材により脱毛症を発症することがあります。ステロイド剤による治療が全く効果がなく別の医療機関で診察を受けたところ、お口の中にある銀歯が原因と診断されて銀歯を取り除いたら症状が改善された例もあるようです。

 

・掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは、手のひらや足の裏に膿疱ができる症状です。

また爪にも膿疱ができる場合があり、爪の変形や変色を引き起こします。

 

その他にも頭痛や倦怠感など、金属アレルギーはお口の中だけでなく全身の不快症状を引き起こすことがあります。

 

■金属アレルギーの改善法について

歯科治療で使われている金属素材が原因の場合、どのように改善すればよいのでしょうか。

 

・原因となる金属素材を除去する

まず原因となる金属素材を取り除きます。歯科で使われる主な金属は金銀パラジウム合金、アマルガム、そして金属の土台です。その他歯列矯正で使われる装置も金属が使われてます。

これらの金属をまず取り除き、お口の中から金属素材をなくします。

 

・金属を使わないセラミックなどの素材で治療を行う

除去した金属素材の部分に新しい修復物を使って治療を行います。

レジン、セラミックなどは金属を使わないメタルフリー素材です。土台はレジンコアまたはグラスファイバーコアを使用するなど金属を全く使わない治療を行います。

 

なおインプラントの素材で知られているチタンはアレルギーが起きにくい素材で、安心して使えると考えてよいでしょう。

 

■体に優しいメタルフリー治療!

金属アレルギーについてお話をしました。お口の中に金属素材がある場合、時間とともにイオンが溶けだして口腔内や体に色々な悪影響を与える恐れがあります。金属を取り除いたら症状が改善した例も数多くあることから、オールセラミックなど金属を全く使わないメタルフリー治療を行うことがおすすめです。