40代以降は、予防が健康維持のカギです! 京都市伏見区のいくま歯科

働き盛りでありながら、体の変化が表れ始めるのが40代です。お口の中も同じで、40代以降は歯を失う傾向が強くなります。そこでカギとなるのが、予防歯科です。歯を失いやすくなる40代以降は、歯の健康を守る予防が欠かせないのです。

 

■40代以降は変化が訪れやすい

40代になると疲れが取れない、高血圧など生活習慣病と指摘されたなど、体調に変化を感じる方も多いでしょう。

お口の中も同じで、40代以降はお口の中の状況も変わりやすくなってきます。特に顕著に現れるのが、歯周病です。40代以降ではむし歯よりも、むしろ歯周病で歯を失うリスクが高まるのです。これまでむし歯などなく、歯科医院にかかったことのない人こそ歯周病の進行に気づきにくく、気が付けば歯周病が進行して歯が抜けてしまうことも珍しくありません。

平成28年厚労省の歯科疾患実体調査によると、40歳を超えて全て自分の歯という人は2人に1人で、50歳を超えるとなんと61.5%もの人が歯を失っているという驚くべき結果が出ています。

そのうち42%と半数近い原因を占めているのが、歯周病です。

毎日きちんと歯磨きを行っていても、歯周病のもととなるプラークや歯石はなかなか自分では取り除きにくく、知らない間に歯周病になっていることが多いため、気が付けば歯ぐきが腫れている、出血がある、口臭がひどくなったなどの症状が出てきます。自覚症状が出てから歯医者に行っても、時すでに遅し、ということになりかねません。

若い頃は歯肉炎で治まっていても、年齢を重ねるにつれて口腔内の状況が変化し、歯周炎へと進行しやすくなるため、歯を失うリスクも高くなるのです。

 

■歯を守るための予防歯科を受診しましょう

むし歯の場合、毎日の歯磨きである程度予防することが可能です。

ところが歯周病の場合は、お口の中の衛生状態だけでなく、ストレスや喫煙、生活習慣病などのリスクファクターが大きく関連するため、毎日の歯磨きだけでは防ぎきれないのが現状です。また歯周病は歯石が溜まることで悪化してしまいます。歯石は非常に硬く、歯にこびりついているので歯磨きでは取り除くことができません。歯科医院で専用の器械を使って取り除く必要があり、最大の予防になります。

 

歯の健康を守るためには歯の定期検診が何よりも大切です。特に40代以降は歯周病リスクが高くなり、歯を失う可能性が高くなるため定期検診が欠かせません。またむし歯治療を終えた歯が再び二次カリエスになっている可能性もあります。二次カリエスになっていないかどうか、新たにむし歯になっていないかどうかを確認し、早期発見、早期治療を行うことで歯の健康寿命を維持することができます。

 

このように健康な体を維持するためには、予防歯科の受診が大きなカギを握っているのです。予防歯科を受診し、健康な歯を維持しましょう。