なぜ定期検診が大切なのか 京都市伏見区のいくま歯科

皆さんは、歯の定期検診をきちんと受けていますか?定期検診を受けることがどれだけ大切なのか、今回は定期検診の重要性についてお話をしたいと思います。

 

■むし歯と歯周病は、歯を失う二大原因

歯を失う代表的な病気といえば、むし歯と歯周病です。

むし歯の場合、虫歯菌で歯が溶け、神経近くまで虫歯が進行すると痛みとなって症状が現れます。

むし歯治療は悪くなった部分を削って治療を行いますが、削って詰めた部分から細菌が入り込み、詰め物や被せ物の中で再び虫歯が広がる「二次カリエス」のリスクが非常に高くなり、再治療が必要になります。二次カリエスは再治療を繰り返すため、歯を失う原因となります。

 

また虫歯と並んで歯を失うもうひとつの病気と言われている歯周病は、初期の段階では歯ぐきの腫れと歯磨きの時の出血くらいしか症状はありません。むし歯と違って痛みをほとんど感じないまま症状が進行し、気が付けば歯がぐらぐらと揺れ動いて痛みなく歯が抜け落ちてしまいます。

また歯周病は歯ぐきや歯周組織に炎症が起きる病気のため、虫歯のように一本の歯だけに症状が出るわけではありません。歯周病は悪化すると顎の骨全体が吸収されて歯を支えることが難しくなって噛むことができなくなります。

最悪の場合、噛む機能を回復させる処置が必要となるため何本も抜歯が必要になってしまうこともあります。

 

繰り返しますが、むし歯と歯周病は、大切な歯を失ってしまう大きな原因です。歯は失ってしまうと二度と元に戻りません。また歯は治療すると、必ず脆くなります。脆くなった歯は再治療を繰り返し、歯を残すことが難しくなります。

どんなに優れた入れ歯やインプラントでも、ご自身の歯には絶対に敵いません。大切なご自身の歯の健康を守るためには、歯科医院での定期検診が何よりも大切です。定期検診を受けることで歯や歯ぐき、舌などの粘膜に異常はないかどうかを確認し、異常が見つかった場合でも早期に治療を行えば最小限の治療で留めることが可能です。

 

また歯周病はプラークや歯石が原因となります。歯石は非常に硬く歯にこびりついているため、ご家庭で取り除くことは難しいでしょう。定期検診で歯石除去やクリーニングを受けることで歯周病の原因となるプラークや歯石を取り除き、歯周病を予防します。

 

 

■歯を失わないためには定期検診が重要です

歯が痛くなってから歯医者に行き、治療を終えたら安堵感や解放感を感じることでしょう。しかし治療の終了はゴールではありません。実はここがスタート地点なのです。

歯や歯ぐきが悪くなるのには必ず原因があります。定期検診は早期発見、早期治療を目的とし、歯の健康を守る予防処置でもあります。「忙しいし、別に気になるところはないから受けなくてもいいや」と考えていると、後で必ず後悔することになります。

体の健康を守るのは、健康な歯です。ご自身の健康のためにも定期検診は必ず受けるようにしましょう。