アメリカ歯科大研修紀行その3 京都市伏見区のいくま歯科医院 |歯医者の豆知識

京都市伏見区のいくま歯科医院歯科医師の小西です。

もう少しあの夏のお話を。

当時の五年生というのは、臨床実習の年でした。

おぼろげな記憶ですが、本学ではようやく白衣を着て病院実習が始まったばかりだったような気がします。

 

うちは田舎の大学病院で患者さんも少なく、実際の患者さんに触れる機会はほとんどありませんでした。

ですから私は座学ではなく実学に飢えていました。

もう座学は飽き始めていて、実学がしたくてしてくてウズウズの四乗くらいしていたわけです。

 

実習への欲求、英語研究発表直前での渡米、しかも優勝特典と研修地が同じ。

こんな色々な要素がからみあって、海外研修への熱はとてつもなく高まっていました。

 

もちろん英語なんて全くしゃべれませんが、これらのイベントに向けて半年間だけ勉強をしました。

おかげで日常会話くらいはこなせるようになって、渡米することになったのです。

しかしまぁ、付け焼刃の外国語なんてしょせん付け焼刃ですね。

ヒューストンでトランジットだったのですが、いきなりトラブルです。

姉妹校の学生たちがお土産に用意していたお茶っ葉が、入国審査であらぬ疑いをうけ、なかなか入国できなかったんですね。

いきなりトランジット失敗。目の前で離陸する我が便・・・

前途多難なスタートでした。