マイクロスコープ3

京都市伏見区のいくま歯科医院歯科医師の小西です。

使っていない私が言うのもなんですが、私はそれでもマイクロルーペ派です。

もちろん何度か使ったうえでの現時点での意見ですけどね。

マイクロスコープは明るさだけでなく、数字上の拡大率も、実際の視野の精度も明らかに上です。これは使った上での実感です。

要はマイクロスコープの方がやはりきれいに明るく見えるわけです。

そりゃそっちの方が良いに決まってるんじゃないかって話ですよね。

でも、それでも私はマイクロルーペ派です。

マイクロスコープの最大の弱点は融通が利かないことです。

まずは機動力。

マイクロルーペは常にぶら下げて移動できますし、熟練したルーペ使いであれば患者さんの位置や角度に左右されず、どんなに誰が動こうとも同じ視野を追及できます。

しかし、マイクロスコープでは一度視野を固定すると、患者さんも術者も動けません。

極端な話、20倍の世界って、体が1センチずれただけで何も見えなくなります。

昔学校の授業で顕微鏡で何かの観察とかしませんでした?

見たいものが写らずに苦労した記憶ありませんか?

そういうことです。

ただ、これは私が10倍という高倍率のルーペを使いこなすことができるので言えることです。

 

マイクロスコープ2 

京都市伏見区のいくま歯科医院歯科医師の小西です。

続きです。

ちょっとマイクロルーペとマイクロスコープの比較のような展開をしていきます。

マイクロスコープでの20倍クラスの拡大の治療を支えるのは、それだけ鮮明に歯の内部を見るのに足る、ライトの確保です。

個人的にはマイクロスコープの最大の特徴はこのライトではないかと思っています。

ややこしい話になりますが、見たいものに対して自分が見ているポイントをつなぐラインを視軸と言います。

対してみたいものを照らす光源とのラインを光軸と言います。

光軸と視軸を合わせるととても明るくてクリアに見えます。

視軸と光軸の間にものが介在すると影が出来て見えません。

また視軸と光軸がずれていると、視点からは光量が不十分になるために暗い画像になります。

 

私のルーペも、レンズの位置とライトの位置を極限まで近くするように改造していて、それによってかなりの明るい視野を確保しています。

しかし、マイクロスコープでは、設計上視軸と光軸を完全に一致させることができます。

これによって見える画像の明るさが全く違います。

これだけはルーペ派の私も認めざるを得ないです。

マイクロルーペよりマイクロスコープの方が明るい。

これは純然たる事実ですね。