現在の治療に不満がある方へ、セカンドオピニオンのすすめ! 京都市伏見区のいくま歯科

 

セカンドオピニオンという言葉をよく耳にするようになりましたが、これは医科において主治医とは違う医師に診断や治療法などの意見を求めることを言います。このセカンドオピニオンは医科だけでなく、歯科でも大きな意味を持ちます。現在の治療に疑問やご不満をお持ちの方に、是非参考にしていただければと思います。

 

■セカンドオピニオンを受けるメリットとは

「本当にこの治療法しかないのだろうか」「なんとなく先生と合わない」など、現在の歯科治療にこのような思いを抱いている方、セカンドオピニオンを受けるメリットについてご紹介します。

 

・ご自身が納得した治療を受けることができる

現在の治療に疑問や不満があっても、なかなか主治医には言い出しにくいものです。しかしセカンドオピニオンで別の歯科医師の意見を聞くことで、治療の選択肢の幅が増えることがあります。また主治医と同意見であった場合、やはりその治療法が最善かつ唯一の治療法であった場合、納得して治療を受けることができます。

補綴物ひとつ考えても、入れ歯が良いという歯科医師もいれば、インプラントを提案する医師もいるでしょう。隣接する歯の状態が良ければブリッジという選択肢もあります。

主治医外の意見を聞くことで、その治療によるメリットだけでなくデメリットやリスクなどを聞くことができるため、ご自身の判断材料のきっかけとなるでしょう。

 

・歯科医師との相性の判断材料になる

どんなに優れた技術を持っていても、どんなにコミュニケーションが上手でも、相性というのは存在します。極端に言えば「あの先生は下手で不愛想」という評判でも、患者様との相性がよく、この先生でなければダメ!という人もいます。

どんな治療でも、歯科医師との相性はとても大切です。もちろん技術や人柄に優れている医師なら安心して治療を受けることができると思いますが、それがすべて当てはまるわけではなく、「患者様が信頼できる医師」のもとで治療を受けることが、最善の結果を得ることになると言えるでしょう。

セカンドオピニオンは、相性の良い歯科医師との出会いの機会が増えるきっかけとなることも、メリットのひとつです。

 

■セカンドオピニオン先を探す注意点

セカンドオピニオンはどこの歯科医院でも導入しているわけではありません。セカンドオピニオンは通院中の歯科医院から無断で転院するのとはまた別で、現在の通院先から診断書やレントゲン写真、CTなどが必要です。主治医に言い出しにくいかもしれませんが、そこは気にしなくても一向に構いません。

 

セカンドオピニオンを受ける先を探すときは、必ずホームページや電話で確認をしてください。例えば根の治療が思うような結果でない場合、根管治療を専門としている歯科医院を探すなど、ご自身が受診する内容の専門医や認定医がいる歯科医院を選ぶようにすると、より専門的な意見を受けることができます。

 

また費用についてもセカンドオピニオン先で確認してください。セカンドオピニオンは自費治療となり、大学病院や歯科大学附属病院などは高額になると思われます。

受診前に費用を把握しておくことがおすすめです。

 

■ご自身に最も合った治療を受けるためのセカンドオピニオン

セカンドオピニオンについてご紹介しました。現在の治療に不安や不満をお持ちの方は、納得して治療を受けるためにもセカンドオピニオンを受診することがおすすめです。

ご自身が納得し、状態に最も応じた治療を受けることで歯の健康をしっかりと守ることが何よりも大切です。

 


なぜ定期検診が大切なのか 京都市伏見区のいくま歯科

皆さんは、歯の定期検診をきちんと受けていますか?定期検診を受けることがどれだけ大切なのか、今回は定期検診の重要性についてお話をしたいと思います。

 

■むし歯と歯周病は、歯を失う二大原因

歯を失う代表的な病気といえば、むし歯と歯周病です。

むし歯の場合、虫歯菌で歯が溶け、神経近くまで虫歯が進行すると痛みとなって症状が現れます。

むし歯治療は悪くなった部分を削って治療を行いますが、削って詰めた部分から細菌が入り込み、詰め物や被せ物の中で再び虫歯が広がる「二次カリエス」のリスクが非常に高くなり、再治療が必要になります。二次カリエスは再治療を繰り返すため、歯を失う原因となります。

 

また虫歯と並んで歯を失うもうひとつの病気と言われている歯周病は、初期の段階では歯ぐきの腫れと歯磨きの時の出血くらいしか症状はありません。むし歯と違って痛みをほとんど感じないまま症状が進行し、気が付けば歯がぐらぐらと揺れ動いて痛みなく歯が抜け落ちてしまいます。

また歯周病は歯ぐきや歯周組織に炎症が起きる病気のため、虫歯のように一本の歯だけに症状が出るわけではありません。歯周病は悪化すると顎の骨全体が吸収されて歯を支えることが難しくなって噛むことができなくなります。

最悪の場合、噛む機能を回復させる処置が必要となるため何本も抜歯が必要になってしまうこともあります。

 

繰り返しますが、むし歯と歯周病は、大切な歯を失ってしまう大きな原因です。歯は失ってしまうと二度と元に戻りません。また歯は治療すると、必ず脆くなります。脆くなった歯は再治療を繰り返し、歯を残すことが難しくなります。

どんなに優れた入れ歯やインプラントでも、ご自身の歯には絶対に敵いません。大切なご自身の歯の健康を守るためには、歯科医院での定期検診が何よりも大切です。定期検診を受けることで歯や歯ぐき、舌などの粘膜に異常はないかどうかを確認し、異常が見つかった場合でも早期に治療を行えば最小限の治療で留めることが可能です。

 

また歯周病はプラークや歯石が原因となります。歯石は非常に硬く歯にこびりついているため、ご家庭で取り除くことは難しいでしょう。定期検診で歯石除去やクリーニングを受けることで歯周病の原因となるプラークや歯石を取り除き、歯周病を予防します。

 

 

■歯を失わないためには定期検診が重要です

歯が痛くなってから歯医者に行き、治療を終えたら安堵感や解放感を感じることでしょう。しかし治療の終了はゴールではありません。実はここがスタート地点なのです。

歯や歯ぐきが悪くなるのには必ず原因があります。定期検診は早期発見、早期治療を目的とし、歯の健康を守る予防処置でもあります。「忙しいし、別に気になるところはないから受けなくてもいいや」と考えていると、後で必ず後悔することになります。

体の健康を守るのは、健康な歯です。ご自身の健康のためにも定期検診は必ず受けるようにしましょう。

 


歯科技工士というお仕事 その2 京都市伏見区のいくま歯科医院 |歯医者の豆知識

京都市伏見区のいくま歯科医院歯科医師の小西です。

 

仕事のやりがいってあると思います。

やはり人に喜んでもらえて成果を認めてもらえることが仕事のやりがいだと思うんですね。

 

そこには責任を前提とした技術の提供が必要です。

 

歯科衛生士の項目でも話しましたが、非常に責任の大きな仕事です。

 

歯科技工士の減少の背景にはそこを感じづらいということがあったのかもしれません。

 

言葉を選ばずに言えば、歯医者が偉そうに振舞いすぎていたんでしょうね。

 

歯科医師と歯科技工士の連携した仕事の成果も、実際に患者さんに喜んでもらえるのは歯医者だけです。

 

逆に連携がうまくいかず、思い通りの成果が出ないときには歯科技工士のせいにされてしまうようなことが多かったんではないかと思うんですね。

 

やりがいを感じづらく、責任だけのしかかるような状況では仕事としての魅力も損なわれていきますよね。

 

でも、今は違います。

 

歯科技工士にとっては売り手市場になりつつあると思います。

 

おそらく横柄なばかりの歯医者では歯科技工士から敬遠されます。

歯科医師の中にも若い層などは確実に歯科技工士という仕事のありがたみと凄みを理解して仕事をしています。

そして私自身そうなのですが、今は歯科医師と歯科技工士の連携はさらに密になってきていると思います。

 

結果も過程も共有して仕事をします。

 

歯科医師と共に仕事の責任と喜びを享受できる状況は十分にあると思います。

 

歯科医療従事者の中でも技工の匠というべき歯科技工士。

 

今後はもっと光を浴びる職種になると思います。

 

 


歯科技工士というお仕事 その1 京都市伏見区のいくま歯科医院 |歯医者の豆知識

京都市伏見区のいくま歯科医院歯科医師の小西です。

 

今回は歯科技工士というお仕事のお話をします。

これは露骨に言いますよ。

 

皆さん!歯科技工士になってください!

本当になり手が減っているんですよね。

閉鎖に追い込まれる技工士学校もあります。

 

実際に業務内容が機械にとってかわられるような時代になってきてもいます。

でも世の中に絶対に必要な職業なんです。

 

歯科技工士の方々は本当に繊細な仕事をしてくれます。

歯の造形やかみ合わせを本当にミクロの単位で精密に作ってきてくれます。

また、歯の色や形態など微妙な要素についても追及しているステージが非常に緻密で繊細です。

 

世の中にこんなに精密で緻密な仕事が他にあるのかと思うくらい私は歯科技工士の仕事を尊敬しています。

 

私たち歯科医師は患者さんのお口の中で仕事をします。

歯科技工士はお口の外で仕事をします。

 

この連携が歯科治療の成否を決めます。

歯科医師としては口の中の情報と持っていきたいゴールをいかに歯科技工士に伝達するかという事を常に考えています。

 

写真や模型や、会って話したり電話で話したり、あらゆる方法で情報共有をします。

 

それでもいろいろな行き違いが起こりうるのが歯科治療の難しいところです。

 


40代以降は、予防が健康維持のカギです! 京都市伏見区のいくま歯科

働き盛りでありながら、体の変化が表れ始めるのが40代です。お口の中も同じで、40代以降は歯を失う傾向が強くなります。そこでカギとなるのが、予防歯科です。歯を失いやすくなる40代以降は、歯の健康を守る予防が欠かせないのです。

 

■40代以降は変化が訪れやすい

40代になると疲れが取れない、高血圧など生活習慣病と指摘されたなど、体調に変化を感じる方も多いでしょう。

お口の中も同じで、40代以降はお口の中の状況も変わりやすくなってきます。特に顕著に現れるのが、歯周病です。40代以降ではむし歯よりも、むしろ歯周病で歯を失うリスクが高まるのです。これまでむし歯などなく、歯科医院にかかったことのない人こそ歯周病の進行に気づきにくく、気が付けば歯周病が進行して歯が抜けてしまうことも珍しくありません。

平成28年厚労省の歯科疾患実体調査によると、40歳を超えて全て自分の歯という人は2人に1人で、50歳を超えるとなんと61.5%もの人が歯を失っているという驚くべき結果が出ています。

そのうち42%と半数近い原因を占めているのが、歯周病です。

毎日きちんと歯磨きを行っていても、歯周病のもととなるプラークや歯石はなかなか自分では取り除きにくく、知らない間に歯周病になっていることが多いため、気が付けば歯ぐきが腫れている、出血がある、口臭がひどくなったなどの症状が出てきます。自覚症状が出てから歯医者に行っても、時すでに遅し、ということになりかねません。

若い頃は歯肉炎で治まっていても、年齢を重ねるにつれて口腔内の状況が変化し、歯周炎へと進行しやすくなるため、歯を失うリスクも高くなるのです。

 

■歯を守るための予防歯科を受診しましょう

むし歯の場合、毎日の歯磨きである程度予防することが可能です。

ところが歯周病の場合は、お口の中の衛生状態だけでなく、ストレスや喫煙、生活習慣病などのリスクファクターが大きく関連するため、毎日の歯磨きだけでは防ぎきれないのが現状です。また歯周病は歯石が溜まることで悪化してしまいます。歯石は非常に硬く、歯にこびりついているので歯磨きでは取り除くことができません。歯科医院で専用の器械を使って取り除く必要があり、最大の予防になります。

 

歯の健康を守るためには歯の定期検診が何よりも大切です。特に40代以降は歯周病リスクが高くなり、歯を失う可能性が高くなるため定期検診が欠かせません。またむし歯治療を終えた歯が再び二次カリエスになっている可能性もあります。二次カリエスになっていないかどうか、新たにむし歯になっていないかどうかを確認し、早期発見、早期治療を行うことで歯の健康寿命を維持することができます。

 

このように健康な体を維持するためには、予防歯科の受診が大きなカギを握っているのです。予防歯科を受診し、健康な歯を維持しましょう。