動揺度とは

京都市伏見区の歯医者を訪れたとき、動揺度という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。この歯科用語は歯がどれだけ動くかを示すもので、歯周病などの検査の際にチェックされます。動揺度が高ければ歯茎が弱っていることを示しており、歯が抜けてしまう恐れがあります。
しかし京都市伏見区の歯医者で動揺度をチェックするのは、歯周病の検査のときだけではありません。例えば歯に物がぶつかり、強い衝撃を受けると、歯茎と歯の間に大きな隙間ができてしまうことがあります。このようなケースでも動揺度がチェックされ、必要なときは歯科治療が施されるのです。
このようの状況では歯と歯茎との間にトラブルが生じたことは明白ですが、歯周病に関しては自覚症状がないこともあります。そのため京都市伏見区の歯医者で定期検診の際に動揺度をチェックし、歯周病が生じていることがわかったなら、早めの歯科治療を受けるように心がけるべきです。