メインテナンスとは

メインテナンスをするならば京都市伏見区の歯科の歯医者で決まりです。
やはり治療も丁寧でまた細かいケアをしてくれる所はなかなかありません。
そこで京都市伏見区の歯科で歯医者に見てもらうのがよいと思われます。
最低でも一年に一度は歯の健康診断は必要です。
噛み合わせや歯の状態などを見てもらい悪いところがないのか確認してもらうのが安心です。
このために京都市伏見区の歯科で歯医者に見てもらい診断してもらうのが無難ですね。
自分では気づかないこともあり歯の状態を見るだけではなく口の中の状態までも見てもらえるからです。
歯は意外と歯垢や歯周病などになりかけているかもしれないからですのでキチンと見てもらいましょう。
手遅れ煮なるよりは見てもらうほうが安心ですから。


残存歯と生涯医療費の関係

8020運動という言葉を皆様は聞いた事がありますでしょうか。
8020運動とは、文字通り80歳になった時に健康な天然の歯が20本残っているように毎日の歯磨きをしっかりと行なうように習慣付けましょう、という運動ですが、現在、京都市伏見区内の歯医者や歯科医院ではこの8020運動を京都市伏見区内の歯医者や歯科医院のほぼすべての歯科医院で行なっています。
京都市伏見区内の歯医者や歯科医院で8020運動を行なっている理由の第一番目としては、残っている天然の健康な歯である残存歯が生涯医療費に大きく関係する事が明らかになっている為です。
つまり、残っている天然の健康な歯が多ければ多いほど、残りの生涯医療費にかかる負担が減る、という調査結果が報告されています。


日本と海外の予防歯科への認識の違い

日本はこれまで基本的には、痛い虫歯を治療する、言わば対応治療としての歯科治療を標榜する歯科医院が大部分でしたが、現在では欧米諸国の先進国にならって、虫歯が出来ないように未然にケアを行い虫歯を防ぐという考え方のいわゆる予防歯科の概念が近年の日本国内の歯科医院に広がりつつあります。
京都市伏見区内の歯医者や歯科医院においても予防歯科の普及率は非常に高い数値を記録しており、京都市伏見区内の歯医者や歯科医院における予防歯科は年々その数を増やしています。
また、京都市伏見区内の歯医者や歯科医院においては欧米諸国の予防歯科こそ第一番目の重要項目である、とする歯科治療の概念を正しく守っており、ホームケアとプロフェッショナルケアの両面での予防歯科を推奨しています。


8020運動について

京都市伏見区の歯医者で行われている8020運動は、全国の歯科で行われている、80歳までに20本の歯を大切にしようという運動と同じものです。長く健康でいる秘訣は、健康な歯とそれによる満ち足りた食生活にあると考えた国は、平成元年に歯科の協力を得て8020運動をスタートしました。今ではその認知も高まりつつあり、京都市伏見区の歯医者を含め、全国の歯科が運動に参加しています。
80歳までに20本の歯を守るためには、定期的に歯医者の診察を受けて、虫歯や歯周病の元となるものをまめに排除していくということが求められます。京都市伏見区の数ある医院の中から、通いやすいかかりつけ医を探し、三カ月に一度半年に一度と歯の健康と向き合っていくことが、8020運動の達成の一歩となるのです。


歯科衛生士とは

歯科衛生士は、歯医者の指示のもとで、歯科予防処置、歯科診療補助、歯科保健指導の3つの業務を行う職業です。伏見区でも、歯科衛生士は、歯医者の治療の補助をしたり、歯石の除去や歯磨きの指導などを行っています。歯医者には、歯科衛生士の他に歯科助手という職業もあります。歯科衛生士は患者に直接接触する業務を行うことができますが、歯科助手の業務は、治療の準備や治療に使う用具の清掃等、患者と直接接触しない範囲にとどまるという違いがあります。伏見市の歯医者でも例外ではありません。歯科助手には、特に資格は必要ありませんが、歯科衛生士は、厚生労働大臣免許の国家資格となっていますので、歯科衛生士になるには、歯科衛生士国家試験に合格する必要があります。伏見区でも、優秀な歯科衛生士が歯医者を支えているのです。