根管治療の重要性

虫歯が悪化すると、虫歯菌が歯の奥深くに侵入し、歯の神経まで冒してしまいます。放置していると、根を抜かなければならない状態となります。しかし、根管治療なら抜かれずに済むかもしまれません。
歯には、神経や血管が詰まっている根管という管があります。この根管の中の悪くなってしまった神経などをきれいに取り除くのが、根幹治療です。
根管治療のメリットは、抜歯を回避できることです。抜歯をすると、抜歯をした両脇の歯がぐらつき、歯列全体の乱れに繋がります。それから、しっかり噛むことができなくなったり、歯周病にかかりやすくなるなど、様々な悪影響を及ぼします。
根管治療は、高い技術を必要とする歯科治療です。京都市伏見区には、豊富な知識と技術を持った歯医者が数多くありますので、定期的に通って予防歯科に努めましょう。


根管治療とは

京都市伏見区で根管治療を行っている歯医者を探すなら、根管治療専門医のいる歯科を探すと良いでしょう。根管治療はとても難しい治療になる為、一度治療に失敗してしまうと、数年後に再根幹治療が必要になります。ですが、再根管治療の成功率は非常に低いものとなりますので、根管治療に力を入れている歯医者を探す事はとても重要になります。
また、根管治療での成功率を上げる為には、マイクロスコープとラバーダムを使用している歯医者を選ぶようにします。マイクロスコープは歯科用の顕微鏡で、これを使う事により肉眼では見つけられない歯の根も見つける事が出来ます。これを使って炎症した部分を隅々まで治療します。
また、ラバーダムは治療中に唾液や細菌が歯の根の中に入らないように被せるゴムのシートです。もしも根管治療が出来る歯医者を京都市伏見区でお探しでしたら、マイクロスコープとラバーダムを扱っている、専門医のいる歯医者を探す事をお勧めします。