メタルコアとファイバーコアの違い

虫歯の治療を京都市伏見区内の歯医者や歯科医院で行なう場合には、虫歯の進行具合によってそれぞれの異なる虫歯治療を行い、京都市伏見区内の歯医者や歯科医院における虫歯治療を行ないます。
京都市伏見区内の歯医者や歯科医院においては主にc3の進行具合の虫歯治療で行なわれる歯の神経の抜髄や歯の根っこの神経部分を掃除して綺麗にする根管治療において、場合によってはメタルコアもしくはファイバーコアを使用して治療している歯の補強を行なうケースがあります。
メタルコアとファイバーコアの違いはメタルコアが保険適用で入れる事が出来るという特徴のほかに丈夫ですが歯にひび割れを起こすなどの原因になりやすいのに対して、ファイバーコアは保険が適用されませんがメタルコアよりも歯に優しく歯の強度を保つ事が出来る点などが挙げられます。


支台歯とは

どの地区でも現在歯科は多いといわれていますが、京都市伏見区でも同じく歯科が多く開かれています。
歯医者としてもっとも行われるのは虫歯の治療ですが、重度の虫歯や歯周病で歯を失った場合、クラウンやブリッジをすることがあります。その際重要になるのが支台歯です。支台歯とはクラウンやブリッジをするための土台となるべき歯のことをいいます。よくあるのが虫歯になった歯を削りそれを支台歯として利用しクラウンをかぶせます。その際の歯を削る作業がとても重要でこの削りによってクラウンやブリッジの安定性やかみ合わせなど今後の口腔内の環境がきまります。
自分の歯で食事を続けるために、虫歯にならないことが第一ではありますが、なった場合この技術が十分な歯科医を選ぶことが大切です。