根尖病巣の症状

根尖病巣とは、細菌が根の先に流れ、膿の袋ができてしまう症状で、歯根嚢胞とも言います。歯の根元に根尖病巣ができてしまった場合、歯茎が腫れます。歯茎全体が腫れる場合や、ぽつんと1か所だけ腫れる場合などがあります。そういった場合は、歯茎を切除して悪い部分を取り除きます。
根尖病巣は、自覚症状があまり無いのですが、膿が大きくなってくると、骨を溶かして膿の袋を大きくしていきます。レントゲン撮影をして、膿が歯よりも大きくなってくると、歯の治療だけでは治すことができません。膿を出して、袋を取り出す手術が必要となります。進行具合によって袋を取り出して、根をカットして治療する方法や、袋と歯を丸ごと取り除く歯科治療などがあります。
根尖病巣は、レントゲン撮影で発覚することが多いので、定期的に歯医者に通ってメンテンスを受けましょう。京都市伏見区にお住まいの方で、急に歯茎が腫れたなどの症状を自覚されている方は、早めに歯医者で診てもらうことをお勧めします。


抜髄について

抜髄は歯科治療において、歯の髄を抜き取る処置を指します。歯科での抜髄は積極的にとられる治療ではなく、京都市伏見区の歯医者でもそれは変わりません。
骨に髄があるように歯の中心にも髄というものがあり、そこに通っている神経によって人間は噛んだという感覚を知ることができるのですが、神経は時に強い痛みも伝えます。歯に侵入した細菌がその奥にまで進行し、神経を傷つけた時、強い痛みに悩まされることになるのはそのためです。
京都市伏見区の歯医者はその痛みから患者を救うため、抜髄という歯科治療を実行するのですが、髄をとってしまえばその先の歯は文字通り神経の通わない歯となってしまい、痛み以外の全ての感覚を察知することができなくなります。京都市伏見区の歯医者はそうした問題から、抜髄に対して慎重な姿勢を崩しません。