歯根破折について

歯根破折とは、歯の根元の部分である歯根が破折、つまりヒビが入っていたり、割れてしまっている状態のことを指す言葉で、京都市伏見区の歯医者や歯科においても症例の多いものです。歯根破折の原因としては、無理に歯並びを変えるような治療を行ったことや、硬い物を食べることによって歯に負担がかかること等が挙げられ、京都市伏見区の歯医者や歯科を訪れる歯根破折の患者さんも、そういった事について身に覚えがあるという方がほとんどです。
歯根破折が起きたまま放置しておくと、歯茎が腫れたり、差し歯が取れてしまったり、場合によっては激しい痛みが生じることがあります。そのような症状を自覚した場合には、すぐに京都市伏見区の歯医者、歯科を訪れ、適切な治療を受けるように心がけてください。


根尖病巣の治療法

痛みが出る虫歯や痛くない虫歯など虫歯にはさまざまな種類がありますが、主にC3からC4といった重度の虫歯治療を京都市伏見区内の歯医者や歯科医院で行なう場合には、歯の根っこの清掃治療を行い根管内部を綺麗にしてゆく根管治療によって根尖病巣の治療を京都市伏見区内の歯医者や歯科医院で行なってゆく事となります。
京都市伏見区内の歯医者や歯科医院においては、リーマーやファイルなどの根管治療の専門器具を使って根管内部にある歯の根っこの神経をこそぎ切る形で根管内部の清掃を行ないますが、これは根管内部に虫歯菌であるミュータンス菌やラクトバチルス菌などの原因菌を残さないようにする意味があり、根管内部の清掃作業が終わった後は薬剤を充填する根管充填を行い、フタをして治療を終了します。