セラミック治療とは

日本においてはいまだに虫歯治療の際につめる詰め物であるインレーやかぶせ物であるクラウンの素材に金銀パラジウム合金、いわゆる銀歯と一般的に呼ばれている歯科用の金属素材を使用していますが、これらの金銀パラジウム合金などの銀歯素材は金属アレルギーを引き起こしたり、治療を行なった歯が黒く変色してしまうなどのデメリットがあります。
京都市伏見区内の歯医者や歯科医院では現在、セラミックを用いてインレーやクラウンを製作するセラミック治療を多くの京都市伏見区内の歯医者や歯科医院で実施しています。
京都市伏見区内の歯医者や歯科医院で行なわれているセラミック治療は、陶器から作られているセラミックで審美製も高く、なおかつ金属アレルギーを起こしにくいというメリットもあります。


ファイバーコアとメタルコアの違い

歯が眠れないほど痛む虫歯はつらいものですが、眠れないほど痛む虫歯の場合には、虫歯菌が歯の神経部分である歯髄はおろか、歯の根っこの部分にあたる根管内部にまで浸入しているケースが多いです。
京都市伏見区内の歯医者や歯科医院で根管内部の治療を行なう根管治療を実施する際には、場合によっては京都市伏見区内の歯医者や歯科医院で取り扱っている歯の土台となるコアをメタルコアもしくはファイバーコアの2種類から治療を受けている患者様に選んでいただきます。
京都市伏見区内の歯医者や歯科医院で選ぶ事が出来るメタルコアとファイバーコアの違いは、メタルコアが保険適用で比較的安価ですが歯を割ってしまうリスクがあるのと、ファイバーコアは自費診療で保険が利きませんが歯を割るリスクはかなり下げる事が出来るというメリットが挙げられます。