シリコンデンチャーとは

歯科でよく使われるデンチャーとは、入れ歯のことを意味する用語です。よってシリコンデンチャーは歯科ではそのまま、シリコンでできた入れ歯のことを言います。
京都市伏見区の歯医者でも扱われているシリコンデンチャーは、柔らかさが魅力の入れ歯となります。一方でデメリットとしては、汚れやすさや価格の高さなどが挙げられます。
歯科で使用される入れ歯には、他にもレジンだったり金属だったりと色々な種類がありますが、シリコンデンチャーを求めて京都市伏見区の歯医者に来院する人々は、その実入れ歯による痛みの緩和を求めていることが大半です。柔らかいシリコン素材で噛むたびにうずくあの痛みを改善してほしいと願う患者に、伏見氏の歯医者は可能な限りの治療を施します。


部分床義歯とは

京都市伏見区の歯医者では様々な歯科治療が行われていきますが、その1つが義歯に関係することです。部分床義歯という言葉があるのですが、それは入れ歯を自分で取り外すことができる歯ということになります。とても一般的であり、ブリッジとかインプラントの場合には自分で取り外しができないのですが、入れ歯の場合には取り外しができるし、それを洗うこともできます。歯を失うというのはとてもつらいことですが、その抜けてしまった部分を補うために、京都市伏見区の歯医者では歯科治療として部分床義歯を行うことがあります。保険適用でリーズナブルな価格であること、そしてできるだけ違和感のないように丁寧にアジャストして、口の中を良い状態に保てるようにしています。京都市伏見区の歯医者での歯科治療はとても評価されています。