動揺度とは

京都市伏見区の歯医者を訪れたとき、動揺度という言葉を耳にしたことがあるかもしれません。この歯科用語は歯がどれだけ動くかを示すもので、歯周病などの検査の際にチェックされます。動揺度が高ければ歯茎が弱っていることを示しており、歯が抜けてしまう恐れがあります。
しかし京都市伏見区の歯医者で動揺度をチェックするのは、歯周病の検査のときだけではありません。例えば歯に物がぶつかり、強い衝撃を受けると、歯茎と歯の間に大きな隙間ができてしまうことがあります。このようなケースでも動揺度がチェックされ、必要なときは歯科治療が施されるのです。
このようの状況では歯と歯茎との間にトラブルが生じたことは明白ですが、歯周病に関しては自覚症状がないこともあります。そのため京都市伏見区の歯医者で定期検診の際に動揺度をチェックし、歯周病が生じていることがわかったなら、早めの歯科治療を受けるように心がけるべきです。


コンポジットレジンとは

コンポジットレジンとは、京都市伏見区の歯医者や歯科において、歯の治療のために広く利用されている樹脂から出来た素材のことです。コンポジットレジンは小さな虫歯に対して効果的なものであり、歯の表面にできた虫歯を美しく治療できることから、京都市伏見区の歯医者、歯科でも人気の高い治療法の一つです。
メリットとして挙げられるのは、歯を削る量が少なく済み、治療にかかる期間が短いということです。コンポジットレジンを使用すれば、歯型を取ることなくその場ですぐに治療を進められるため、手間の少なさを喜ばれる患者さんも京都市伏見区の歯医者、歯科には多いのです。また、金属を使用しない治療法であるため、金属アレルギーを引き起こす心配もありません。