ノンクラスプデンチャー

デンチャーつまり「入れ歯」。


以前この名前が悪いと言ったのでデンチャーで行きます。


といっても中身は一緒です。


何が問題かというと取り外しをしなくてはならないこと以外に部分デンチャーで


いえばそれを支えるばねが見えてしまうということ。


このばねはクラスプといって金属でできていますが最近このクラスプをなくして


柔らかいプラスチックでデンチャーを支える


「ノンクラスプデンチャー」というのがあります。


見た目にはとても綺麗に見えます。


欠点としては材質が柔らかくなるので噛む力がちょっと落ちるようなので両方を


使いこなすといいのではないでしょうか。