現在の治療に不満がある方へ、セカンドオピニオンのすすめ!

 

セカンドオピニオンという言葉をよく耳にするようになりましたが、これは医科において主治医とは違う医師に診断や治療法などの意見を求めることを言います。このセカンドオピニオンは医科だけでなく、歯科でも大きな意味を持ちます。現在の治療に疑問やご不満をお持ちの方に、是非参考にしていただければと思います。

 

■セカンドオピニオンを受けるメリットとは

「本当にこの治療法しかないのだろうか」「なんとなく先生と合わない」など、現在の歯科治療にこのような思いを抱いている方、セカンドオピニオンを受けるメリットについてご紹介します。

 

・ご自身が納得した治療を受けることができる

現在の治療に疑問や不満があっても、なかなか主治医には言い出しにくいものです。しかしセカンドオピニオンで別の歯科医師の意見を聞くことで、治療の選択肢の幅が増えることがあります。また主治医と同意見であった場合、やはりその治療法が最善かつ唯一の治療法であった場合、納得して治療を受けることができます。

補綴物ひとつ考えても、入れ歯が良いという歯科医師もいれば、インプラントを提案する医師もいるでしょう。隣接する歯の状態が良ければブリッジという選択肢もあります。

主治医外の意見を聞くことで、その治療によるメリットだけでなくデメリットやリスクなどを聞くことができるため、ご自身の判断材料のきっかけとなるでしょう。

 

・歯科医師との相性の判断材料になる

どんなに優れた技術を持っていても、どんなにコミュニケーションが上手でも、相性というのは存在します。極端に言えば「あの先生は下手で不愛想」という評判でも、患者様との相性がよく、この先生でなければダメ!という人もいます。

どんな治療でも、歯科医師との相性はとても大切です。もちろん技術や人柄に優れている医師なら安心して治療を受けることができると思いますが、それがすべて当てはまるわけではなく、「患者様が信頼できる医師」のもとで治療を受けることが、最善の結果を得ることになると言えるでしょう。

セカンドオピニオンは、相性の良い歯科医師との出会いの機会が増えるきっかけとなることも、メリットのひとつです。

 

■セカンドオピニオン先を探す注意点

セカンドオピニオンはどこの歯科医院でも導入しているわけではありません。セカンドオピニオンは通院中の歯科医院から無断で転院するのとはまた別で、現在の通院先から診断書やレントゲン写真、CTなどが必要です。主治医に言い出しにくいかもしれませんが、そこは気にしなくても一向に構いません。

 

セカンドオピニオンを受ける先を探すときは、必ずホームページや電話で確認をしてください。例えば根の治療が思うような結果でない場合、根管治療を専門としている歯科医院を探すなど、ご自身が受診する内容の専門医や認定医がいる歯科医院を選ぶようにすると、より専門的な意見を受けることができます。

 

また費用についてもセカンドオピニオン先で確認してください。セカンドオピニオンは自費治療となり、大学病院や歯科大学附属病院などは高額になると思われます。

受診前に費用を把握しておくことがおすすめです。

 

■ご自身に最も合った治療を受けるためのセカンドオピニオン

セカンドオピニオンについてご紹介しました。現在の治療に不安や不満をお持ちの方は、納得して治療を受けるためにもセカンドオピニオンを受診することがおすすめです。

ご自身が納得し、状態に最も応じた治療を受けることで歯の健康をしっかりと守ることが何よりも大切です。