歯磨きの種類と効果!

毎日の歯磨きは、歯の健康の基本です。また最近では歯磨き剤の種類がたくさん販売されており、どれを選べばよいのか迷うこともあるでしょう。今回は数ある歯磨きの種類とその効果に焦点を当ててみました。

 

■歯磨き剤の種類について

ドラッグストアなどでオーラルケアコーナーを見た時、とても多くの歯磨き剤が並べられており、いったい何を選べばよいかわからなくなることはありませんか。

昔は歯磨き粉の種類も今ほど多くはなく、その効果も「歯の汚れを落とす」「歯槽膿漏を予防する」くらいしかなかったと思います。たまに「歯を白くする」というのもありましたが、現在のようにホワイトニング効果のあるものは数えるほどしかなかったように思えます。

口元の健康や審美志向が高まっている現在、いったいどんな種類の歯磨き剤を選べばよいのでしょうか。

 

・歯磨き剤に含まれる成分により取り扱いが異なる

歯磨き剤は薬事法により「化粧品」と「医薬部外品」に分類されており、基本成だけでできているものを「化粧品」、薬用成分が含まれているものを「医薬部外品」と定められています。

 

<基本成分>

基本成分のみで製造されている歯磨き剤は化粧品に分類され、むし歯予防を目的としたプラーク除去、タバコのヤニや日常の飲食によるステインの除去、口臭を予防するといったことを目的としています。

基本成分に含まれるものは以下のとおりです。

 

・清掃剤(研磨剤)・・・歯の表面の汚れを落とす成分

・湿潤剤・・・歯磨剤に適度な湿り気を与える成分

・発泡剤・・・口腔内に歯磨剤を広げて洗浄し、汚れを落とす成分

・粘結剤・・・粉体と液体成分を結合させ、適度な粘性を与える成分

・香味剤・・・爽快感や香りをつけることで使いやすくする成分

・保存料・・・歯磨剤の変質を防ぐ成分

 

<薬用成分>

日本で販売されている歯磨き剤の90%は薬用成分が含まれている「医薬部外品」であり、その多くはフッ素が含まれています。

 

・虫歯予防・・・フッ化ナトリウムなど

 

・歯肉炎、歯周病予防・・・主に塩化クロルヘキシジン、トラネキサム酸、塩化ゼチルピリジニウムなど

 

・プラークの分解・・・デキストラナーゼ

 

・歯石沈着予防・・・ポリリン酸ナトリウム

 

・知覚過敏抑制・・・乳化アルミニウムなど

 

■歯磨きの効果について

歯磨き剤を使うことで次のような効果を得ることが期待できます。また症状や効果に応じて歯ブラシやワンタフトブラシなどを使い分けると磨きにくいところの汚れをすっきりと落とすことができます。

 

・むし歯の発生と進行の抑制

・歯肉炎や歯周病など、歯ぐきの腫れや炎症を抑制する

・口臭を防ぐ

・歯の汚れを落として着色を防ぐ

・口の中をスッキリさせる

 

また歯磨き剤の形状にはペースト状、ジェル状、液体、フォームそして粉などがあり、好みに応じて選ぶとよいと思います。

 

■症状や目的に応じて歯磨き剤を選び、歯の健康を守りましょう

歯磨き剤の種類と効果についてお話をすすめてきました。

非常に多くの歯磨き剤が出ている中、ご自身のお口の中の状態に応じた歯磨き剤を選んで使うようにして下さい。何を目的に選べばよいか迷う場合は、歯科医院で歯科衛生士に相談するとよいでしょう。。