治療の説明 

京都市伏見区のいくま歯科医院歯科医師の小西です。

他院から転院されてくる患者さんて結構おられます。

歯科医療って技術もそうですが、人間の相性が大事ですよね。

実際他院から来られる方のお口を拝見して、前医の治療が大きな問題になっていることは少ないです。

ただ、よく言われるのが「前の歯医者ではあまり説明がなかった」という言葉ですね。

私はかなり説明をする方です。

 

虫歯を削る前、削る最中、もう少し削り進めたところ、削り終わったところ、治ったところ、全ての時点で写真をとり、患者さんに見てもらいます。

何をされるかわからない恐怖って絶対あると思うんですよね。

 

それは不安につながるので、かなり意識しているつもりです。

ただ、それでもやっぱり言い漏れとか話の食い違いって出てくるんですよね。

やはり診療録(カルテ)だけでなく、メモを残すように最近は変えました。

あと、治療の全体像が見えないということもよく聞きます。

これも新しい試みなのですが、大きい治療の方には個別に治療計画書を差し上げようかと思っています。

なんだか仰々しくてうっとおしいかもしれませんが・・・

もし自分のお口の将来がご不安な方は一度相談してください。

 

なるべく明瞭なご説明を致します。