睡眠時無呼吸症候群

おはようございます。


先週も後半はおさぼり気味ですが今週ははりきって?


毎月第4金曜日は伏見歯科医師会の月例会で今回は例会の後に来週


行われる京都医療センターの吉田先生の


睡眠時無呼吸症候群」の講演に先だって同じ医療センターの


大野先生より


「今さら聞けない、睡眠時無呼吸症候群ってなんだっけ?」


がありました


最近はこの名前も有名になりましたが意外と患者さんも多いらしいです



病気の定義(概念)


「無呼吸・低呼吸指数」(apnea hypopnea index;AHI)が5以上かつ日中


過眠などの症候を伴うときを睡眠時無呼吸症候群とする定義が多い


(米国睡眠医学会の提唱する基準より)。


ここでは

無呼吸
口、鼻の気流が10秒以上停止すること。
低呼吸
10秒以上換気量が50%以上低下すること。
無呼吸・低呼吸指数
1時間あたりの無呼吸と低呼吸を合わせたもの。



皆さんも「イビキをかくようになった」「夜中によく目が覚める」「日中の眠気


がひどい」などの症状に身に覚えのある方は一度呼吸器科を受診してみ


ましょう


そのうえで歯科に紹介いただければ就寝用のマウスピースで症状を改善


出来るかも知れません


001