TSKインプラント塾

おはようございます


ちょっと前になりますが毎月行っている坪井先生のTSK京都インプラント塾


今回の講師は京都インプラント研究所の   諏訪 裕彦 先生


001

002

ここ数回のテーマはインプラントの代替治療


要するにインプラント以外の選択肢もきちんと勉強しないとそれぞれの


患者さんに一番適した治療を選択できなくなります


ましてや収益を考えて治療を選択するなどもってのほかですね


この先生は部分入れ歯のシステムでWLA(ワイヤーラッチドアタッチメント)


を提唱されてました


うーん?



こんなん見つけました

 

003

結構美味しい

インプラント

おはようございます。

 

先週5月20日に梅田で行われたノーベルバイオケアシンポジウムに出席してきました。

 

たくさんの参加者の中でおもしろい講演がたくさん聴けたのですがインプラントの

 

技術も少しづつ良く変わってきています。

 

最近の傾向としては術者の自己満足にならないように患者さんの負担をなるべく少なくするように

 

なってきています。

 

わかりやすいところでは今まで2回以上のオペが普通だったのですが、だんだん

 

1回法のオペが多くなってきます。

 

これはされる側にとってはすごくうれしいことだと思います。

 

極端な例では1本も歯のない人がその日のうちに仮の歯までできてしまう

 

なんていうのもあります。

 

ただこれらのケースはまだ歴史が浅く理論も少しづつ変わりつつあるので誰もが

 

こんな恩恵を受けれるわけではありません、でももうすぐしたらインプラントももっと

 

身近に安く提供できる時代が来そうです。

きれいな歯

みなさんこんにちは。

こちらのブログはまだあまり更新出来ていませんがぼちぼち書いていこうと思います、とはいえ

アメブロの方さえネタに困っているのでアメブロの最初の方の忘れ去られたまじめな記事を

掘り出してみたいと思います。

 

皆さん歯というのは口を閉じていると見えませんがしゃべったりしていると

結構目立つものです。皆さんもわかりますよね

人は異常があるところにはすごくよく気がつくのですが正常だとあまり気にとめません。

典型的なケースで前歯の異常を治した後によく言われるのが

「とても奇麗になってうれしいのですが主人も誰も気づいてくれません」というセリフ。

ちょっとさみしいですがこれはあなたのことを見てないわけではありません、

 

正常になってしまうとそこが目に入らなくなるのです。

 

治す前はいつも目に入っていたと思いますよ。

もうひとつの原因は歯にコンプレックスがあるとしゃべる時に無意識に

 

口に手をかざしてしまったり,あまり口を開けずにしゃべる癖がついてしまい

 

なかなか治らないことがあります。

やっぱりしゃべる時や笑う時ははっきり口を開けれるようになるといいですね。

女性はもちろん男性もそれだけで魅力アップです。

インプラントの寿命

歯科治療をしていると高価な自費診療の場合必ず聞かれるのが


「どれくらい持ちますか?」というセリフです。


費用が高い自費診療の場合当然の質問だと思います。


これに対して歯科医師の答えもだいたい決まっていてそれなりに長くもつから


施術しているのですが


「あなたの手入れの状態に大きく左右されます」


という決まり文句が必ず出ます。


これも当然の答えだと思いますが、ことインプラントとなると私の説明は少し


違ってきます。


インプラント自体については同じような感覚でいいと思います、統計的にも


10年で95%以上の生存率で通常治療よりも成績がいいですがやはり手入れ


の状態に大きく左右されます。


本当に問題なのはインプラント以外の自分の歯のほうが早くなくなる確率の


ほうがずっと高いということです。その時にどんな治療を選択するか?


一つの例としてせっかく入れ歯がいやで思い切ってインプラントを選択したのに


数年後その隣の歯が割れてしまった。


ここでの治療の選択肢はインプラントを選ばざる得ない状態になります。


つまり一度インプラントを選ぶならこの先もインプラントを選択し続ける覚悟が


必要(絶対ではありませんが)です。


つまりインプラントをした後の手入れはインプラント自体というよりも残った歯を


守るほうがずっと大事ということです。



先日の娘との会話


「今日の晩御飯はなに食べたん?


「ご飯にお茶碗いっぱいやろ・・・・それと・・」


「お茶碗にごはん1杯!」



今週の土曜日は6時から京都テルサでノーベルの中村先生や白鳥先生の


講習会が行われますので行ってきます。

インプラントしたいけど

昨日は香川県のの高松までオペの見学と勉強にいっていましたのでコメントの返しが遅くなってしまいました。


いつもは土曜日はお休みですが15日から1週間お休みするので今日はアップします。


なお、医院は17日から21日までお休みします。


以下本文

 

もしインプラントに興味を持っている方、

 

または「やってみたいけど値段が高いので失敗したくない」と思っていても


どうやって選んだらいいかわからない


という方に少々アドバイス。


まずどこでもやっているわけではないのでHPで探してみましょう。


次はHPでインプラントのことがわかりやすく詳しく書いてある

 

(できれば値段なども)。


あまり安売りを宣伝しているところは避ける(薄利多売もあるでしょうが


多売ということはオペをするほうに誘導されやすい)。


次は実際の医院へ行って説明を受けた時、インプラント以外の手段を


提示しくれる。


値段や方法に根拠がある(わかりやすい)。


事前検査としてCT撮影をする。


成功しない可能性とその時の説明がある。


歯が入った後のメンテナンスについての説明がある。


これぐらいを参考にしてみて後は技術的なことはわかるわけはないので


話をしているときの人柄(これが一番大事)その先生を信用できるかが


一番大事です。


インプラントの成功率は高いのですが100%ではありません、


うまくいかなかったときにその先生を許せるか考えてみましょう。


ちゃんとした先生なら必ずきちんとしたフォローをしてくれます。

 

あとはメンテナンスやもしもの時を考えて通える距離から選びましょう