白衣の歯医者 京都市伏見区のいくま歯科医院 |歯医者の豆知識

京都市伏見区のいくま歯科医院歯科医師の小西です。

最近の歯医者のホームページを見ていると、白衣で写っている写真ってほとんどないように思いませんか?

お医者さんでもその傾向は結構あるような気がします。

かくいう当院も白衣はほとんど着ないです。

私自身大学病院での研修医時代以来着ていないかもしれないですね。

まあ、流行りといってしまえばそれまでなんですが。

 

最近のドクターウェアは結構機能的にもデザイン的にも優れた製品が増えてきています。

当院で来ているようなものを「スクラブ」と言います。

スポーツウェアのメーカーでミズノってありますよね。

私は結構ミズノ製が好きです。

通気性が良くて動きやすいんですよね。

 

開業診療所において、特に医科なんかは内科的側面が強いと思うのですが、歯科はバリバリの外科です。

 

常に体を動かしてます。

ネクタイに白衣なんてお医者さんもおられるでしょうが、歯医者に求められる作業や機動力とは相反するものですね。

私が10年ほど前にアメリカに行ったときは、学生も全員スクラブでした。

サンアントニオの大学で初めて白衣でなくスクラブに身を通したとき、少しうれしい気持ちになったのを覚えています。

少し歯の豆知識からは反れますが、せっかくなのでアメリカ歯科研修の話でも今後しようかと思います。

 

 

抜歯の基準6 京都市伏見区のいくま歯科医院 |歯医者の豆知識

京都市伏見区のいくま歯科医院歯科医師の小西です。

今回もいろいろなケースについて抜歯すべきかそうでないかを考えていきましょう。

今回は、

⑤ひどい根尖病変がある場合です。

根尖病変とは虫歯の延長線上にある病気です。

細菌が歯の内部に侵入し、中の神経を犯し、さらには歯を飛び出て骨まで溶かしてしまっているような状態です。

 

根管治療といって、歯の内部を治療することで改善していく場合もあります。

しかし非常に難治性のものも残念ながらあります。

この場合、つまり治りが悪いと想定される場合は抜歯の提案をすることもあります。

ここでいう治りが悪いと想定される基準とは、

・歯の崩壊が著しい

・歯の内部に穴が開いている

・歯の内部に亀裂がある

・根の先が崩壊している

こういった時が難治性と判断されます。

難治性のものをずるずる引きずると、周囲の骨の溶け方が大きくなり、インプラントや義歯の治療をするうえで不利となります。

特にインプラントは骨がある方がやりやすい治療なので、変に引っ張って骨がグズグズになっていると不具合があります。

 

見通しの暗い歯に対して、何としてでも残していくのか、早めに見切りをつけて次のステップの治療の確実性を求めていくのか。

これは患者さんによく考えてもらうことになります。

 

抜歯の基準5 京都市伏見区のいくま歯科医院 |歯医者の豆知識

京都市伏見区のいくま歯科医院歯科医師の小西です。

今回もいろいろなケースについて抜歯すべきかそうでないかを考えていきましょう。

④ひどい歯周病で歯がグラグラ揺れている場合

この場合では患者さんから「抜いてくれ」と言われる場合も多いです。

学術的に正しくて、患者さんからの希望があればもちろん抜歯となります。

ただ、学術的に正しくて、患者さんが抜歯を望まない時もあります。

その場合は、きちんとした説明が必要になりますね。

例えばどういう場合か。

一番奥の歯で多いのですが、磨きづらくて1ばん奥の歯が一本だけ極端にひどい歯周病になってしまっているような場合。

歯周病については過去に色々ご説明したので過去の記事を参照してください。

歯の周りの病気

つまり一番奥の歯の前には2番目に奥の歯があるわけです。

隣ですから。

その隣の歯にも歯周病は波及します。

もちろん口腔全体に波及するのですが、隣の歯に対しての悪影響は、かなり早い段階で現れます。

一番奥の歯のひどい歯周病の歯を保存しておくことが、その隣の2番目に奥の歯の寿命を縮めてしまう。

そんな状況って結構よく見かけます。

しかも歯周病にはほとんど痛みがないので、ひっそりと隣の歯がだめになっていくんです。

そのため、一番奥の歯をあきらめて手前の歯を救うという判断はあることなんです。

抜歯の基準4 京都市伏見区のいくま歯科医院 |歯医者の豆知識

京都市伏見区のいくま歯科医院歯科医師の小西です。

今回もいろいろなケースについて抜歯すべきかそうでないかを考えていきましょう。

③深い虫歯の場合

深いと言ってもどんだけの深さが抜歯の基準となるのか。

これは患者さんにわかっていただくのは非常に難しいです。

生物学的幅径という言葉があります。

簡単に言うと、歯がちゃんと衛生的に保たれるために必要な高さのことです。

歯茎の中には骨がありますが、骨の頂上から2,5mm程度の高さ歯がないと。生理的に歯が機能していく事は難しいと言われています。

 

昔は3mmとか4mmとか言われていた時代もありましたが、最近は少しハードルが下がってきている印象です。

この高さがないと、簡単に言うと治療しても再発しやすいです。

これは、この高さが無いから今痛いというものではないので、わかっていただくのが非常に難しいです。

将来の話なので。

ただ、このルールを無視して無理やり銀歯を入れて再発したとき、その歯を取り巻く環境はさらに悪化しています。

骨は溶け、歯茎は腫れ、歯の崩壊も進んでいます。

骨の状況によっては、先送りにしたせいでインプラントができないような状態になっている可能性だってあるわけです。

将来を見越してどう判断するか。これも大切な基準の一つです。

抜歯の基準3 京都市伏見区のいくま歯科医院 |歯医者の豆知識

京都市伏見区のいくま歯科医院歯科医師の小西です。

今回もいろいろなケースについて抜歯すべきかそうでないかを考えていきましょう。

まずはどんな場合でも考えるべきことは抜いたあとどうするのかという事です。

抜いた後の選択肢はいくつかあります。

1、ほっておく

2、ブリッジ

3、部分入れ歯

4、インプラント

5、歯の移植

などです。状況に応じて取れる選択肢はかわります。

では話を本筋に戻しましょう。抜歯の基準です。

抜いたほうが良いのではないかと思われるケース。

②ブリッジの片方の歯が極端に悪くなっている場合

この場合も抜歯を薦めることが多いです。

片側だけがだめで片側がまだ健全な場合、健全な方の歯がだめな歯を支えていることになります。

この場合、支えてあげている歯がだめな歯に振り回されているような状況になっています。

そのため健全な歯の寿命が短くなるんですね。

例えば抜歯してインプラントを入れれば、健全な歯にかかる負担が軽減されて寿命が延びます。

健全な歯を守るために悪い歯を抜歯するということは、割とある話です。

もちろん同意がないと抜きませんが、抜くか抜かないかの考え方の基準としてこういうことがありますね。

健全な歯に悪影響かどうかということです。