マイクロスコープ5

京都市伏見区のいくま歯科医院歯科医師の小西です。

決してマイクロスコープを批判しているわけではありません。

歯科治療において最も精密に術野を見ることのできるツールであることは間違いありません。

 

ただ、導入するハードルが高く機動力に欠けるという欠点も、同じく間違いないのです。

どんな業界のどんな器具についてもいえると思うのですが、誰にとってもどんな状況でも使いやすいツールの方が、煩雑なそれより優れていると思います。

 

美的センスやブランドといった要素を除いて、器具としての機能性を考えた場合、大きいより小さい方が良いし、重いより軽い方が良いし、高いより安い方が良いし、三人がかかり出ないと使えないものより一人でも簡単に使える方が良いのです。

両方使えて、状況において使い分けられるようであればそれがベストかもしれませんね。

一長一短があり、適材適所があるということです。

ただ、どちらか一方しか置けないのであれば私は、マイクロルーペを推奨します。

そして、どっちが良いかというざっくりした質問であれば、ケースバイケースと答えます。

 

どちらが好きかといわれれば、間違いなくマイクロルーペと答えます。

双方とも使いこなせることが前提ですけどね。

 

マイクロスコープ4

京都市伏見区のいくま歯科医院歯科医師の小西です。

マイクロスコープでは20倍から30倍の視野で見ることができると言いましたが、実際高名な顕微鏡使いの先生に聞いてみても、実際作業するときの倍率は10倍とか8倍とかだそうです。

あまり高倍率だと作業しながら見ることが難しいんですね。

なので、実際は高倍率ルーペと変わらない状況で使うことが多いんです。

手を止めたときの確認、教育のための記録といった意味では20倍以上の倍率が効いてきますが、作業としては変わらないんですね。

明るさは前も言ったとおりに違いますけどね。

 

あとは大きさとシステムづくりの難しさです。

マイクロルーペとは比較にならないくらい巨大です。

正直置く場所を間違うと、普通の診療に差し支えます。人間の居場所がなくなるくらいの大きさがあります。

あと、使いこなすためにはドクターだけでなく周りのスタッフや環境も整えないといけません。

最初から診療室、仕組みをマイクロスコープ仕様にしていないと、しっかりとした運用は難しいです。

あとからひょいっと軽い気持ちで買って、オブジェと化している歯科医院が非常に多いそうです。

こういう融通の利かなさが、私を顕微鏡から遠ざけます。

あくまでも、高倍率のルーペが使えるからですけどね。