治療の説明 京都市伏見区のいくま歯科医院 |歯医者の豆知識

京都市伏見区のいくま歯科医院歯科医師の小西です。

他院から転院されてくる患者さんて結構おられます。

歯科医療って技術もそうですが、人間の相性が大事ですよね。

実際他院から来られる方のお口を拝見して、前医の治療が大きな問題になっていることは少ないです。

ただ、よく言われるのが「前の歯医者ではあまり説明がなかった」という言葉ですね。

私はかなり説明をする方です。

 

虫歯を削る前、削る最中、もう少し削り進めたところ、削り終わったところ、治ったところ、全ての時点で写真をとり、患者さんに見てもらいます。

何をされるかわからない恐怖って絶対あると思うんですよね。

 

それは不安につながるので、かなり意識しているつもりです。

ただ、それでもやっぱり言い漏れとか話の食い違いって出てくるんですよね。

やはり診療録(カルテ)だけでなく、メモを残すように最近は変えました。

あと、治療の全体像が見えないということもよく聞きます。

これも新しい試みなのですが、大きい治療の方には個別に治療計画書を差し上げようかと思っています。

なんだか仰々しくてうっとおしいかもしれませんが・・・

もし自分のお口の将来がご不安な方は一度相談してください。

 

なるべく明瞭なご説明を致します。

グーグル口コミキャンペーン 京都市伏見区のいくま歯科医院 |歯医者の豆知識

京都市伏見区のいくま歯科医院歯科医師の小西です。

https://www.google.co.jp/search?source=hp&ei=Aw7gW5ijHNvp-QaMp5C4CA&q=%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%BE%E6%AD%AF%E7%A7%91&oq=%E3%81%84%E3%81%8F%E3%81%BE%E6%AD%AF%E7%A7%91&gs_l=psy-ab.3..0l3j0i4i37k1l5.1968.6980.0.7530.17.12.5.0.0.0.175.1266.5j7.12.0….0…1c.1j4.64.psy-ab..3.14.1147…0i4k1j0i131k1.0.KWmKrnMLDpo

Googleで「いくま歯科医院」もしくは「伏見区 歯医者」と検索していただくと、Googleのいくま歯科情報が出てきます。

 

いま、ここの口コミに投稿していただいた患者様にQUOカードを差し上げております。

詳しくは治療時にご案内しますが、治療が終わられてGoogleアカウントをお持ちの患者さま。

よろしければ口コミにご協力ください。

いくま歯科医院

Q 最近よく聞く健康寿命ってなんですか? 京都市伏見区のいくま歯科医院 |歯医者の豆知識

京都市伏見区のいくま歯科医院歯科医師の小西です。

 

日本人の寿命は世界でも有数に高いのですが残念ながら何らかの介護を必要とする年数は平均で9年と言われています。

せっかく長生きするようになっても健康で楽しく生きることができなければ意味がありません。

我々歯科医師はこの健康寿命を伸ばすためには口の機能が非常に重要だと考えています。

口の健康が損なわれていると痴呆症のリスクや介護リスクが非常に高く
なります。

ある雑誌の調査では引退後の健康面での一番の後悔は「歯医者の定期検診を受けていればよかった」です。

高齢になるほど強く実感するようです。

また自分だけでなく身近な人の健康の悪化も自分の負担になるので家族の健康も考えるべきでしょう。

いくま歯科医院では健康寿命を長くするお手伝いができること、すなわち生涯にわたる生活の質を上げることを目標にしています。

インプラントにしても虫歯治療にしても、すべてここを念頭において治療を行っています。

口からわかる全身の健康状態もあります。

体の不調和は結構口に現れるものなんですね。

歯のスペシャリストでありながら、医療人としての視点も忘れず皆さんの健康寿命に寄与していきたいとおもっています。

アメリカ歯科大研修紀行その14 京都市伏見区のいくま歯科医院 |歯医者の豆知識

京都市伏見区のいくま歯科医院歯科医師の小西です。

 

13という数字がいまいち気に食わなかったので、エピローグ的に14話を追加してこの研修紀行を終わりにしたいと思います。

翌年ライアン達4年生が日本にやってきました。

彼らにとっては僕たちと違ってあまり歯科研修的な意味合いは少なかったと思いますね。

何せ1週間の滞在で、埼玉と岐阜の二県を行かねばなりません。

先に岐阜に来て、一緒に少し実習をしました。

歯を削って出来栄えをデジタルで点数化する実習をやりましたね。

歯科的な事はそれと施設見学くらいで、後はバスで日帰り観光京都バスツアーに付き合ったくらいですかね。

確か清水に行きました。本来なら岐阜で大学を案内して埼玉へはお見送りをしておしまいなのですが、仲間二人と後追いで上京し、私たちは最後の夜をライアンの部屋で過ごしました。

状況はかなり迷ったのですが、もう二度と会えないかもしれないですしね。

アメリカに会いに行くよりは東京に会いに行った方がいいだろうと。

中でも数人とはいまだにfacebookでつながっています。

結構歯医者としての活動をアップしてくれている子もいて、刺激を受けています。

歯科医を続けていけば、どこかで会うこともあるかもしれません。

そんな展開に期待を寄せつつ、紀行を締めたいと思います。

 

アメリカ歯科大研修紀行その13 京都市伏見区のいくま歯科医院 |歯医者の豆知識

京都市伏見区のいくま歯科医院歯科医師の小西です。

そろそろエンディングです。

なんだかんだで密度の濃い時間だったし、とくに4年生とは毎日診療室で一緒だったのでかなり仲良くなりました。

正直私程度の語学力ではそんなに深い話はできないのですが、やはりお互いにポジティブな気持ちがあると関係性って深まっていくものですね。

日本人同士でもおなじですよね。お互いに興味があれば仲良くなるし、興味や接点がないと話もしないわけです。

帰るころにはすっかりライアン達や同行した日本の仲間たちが大好きになっていて、変な絆を感じたりしていました。

フェアウェルパーティーで大団円を迎え、翌年に4年生が逆の立場で来日するため、その再会を固く約束しお別れとなりました。

さんざん引っ張ってきたプレゼンは、そんなに甘い話ではなく、優勝なんて夢のまた夢。

この話はまたの機会に。

サンアントニオ帰還とはなりませんでしたが、この目標があったから充実したという側面もあったと思います。

日本の仲間たちとは最初の方は良く会いましたね。

あいては埼玉でこちらは岐阜でしたが、お互いにフットワークが軽かったです。

具体的な歯科再診料知識や技術を学べたわけではありませんが、アメリカの歯科事情は少し垣間見れました。

そして人間関係が大きく広がった。色んな経験ができた。

本当にかけがえのない夏だったと思います。