感染予防・対策について|京都市 伏見区 いくま歯科医院

京都市 いくま歯科医院
HOME HOME >> 感染予防・対策について

院内感染対策について

当院の歯科診療時における感染対策は以前より十分注意して行っておりましたが、昨今は歯科診療以外(待合室等)においてもインフルエンザや新型コロナウィルス等の感染にも気を付けなくてはならなくなりました。

いくま歯科医院では、器具類に対する滅菌・消毒だけではなく、待合室等の消毒を徹底しており今後も改善していく予定です。


いくま歯科医院の院内感染対策

基本方針:ディスポーザブル製品の使用・全ての器具の滅菌・患者様の触った場所の消毒

(例)

  • 手袋、紙コップ、エプロンは患者様ごとに使い捨て
  • 注射針や麻酔液は患者様ごとに使い捨て
  • お口に入れる器具はすべて滅菌
  • 診療チェアやテーブル等は“強酸性水”で殺菌
  • 切削器具(タービン・コントラ)は患者様ごとに滅菌して交換
  • 高温で滅菌できないものはホルマリンガスによる滅菌
  • 手であける扉の廃止
  • 水道蛇口の非接触化
  • 空間除菌のためのプラズマクラスター空気清浄機
  • 受付を含むスタッフのマスクでの対応
  • スタッフ出勤時の検温と発熱時の出勤停止


いくま歯科医院の感染対策設備

グローブ1回限り使い捨て

グローブは当然一人ずつ使い捨てです。

その他紙コップやエプロンについても患者様ごとに取り替えます。


ハンドピースハンドピース(タービン・コントラ)を患者様ごとに洗浄・滅菌

クリーンスタッフが在籍しており、歯を削るドリル、ハンドピース類は患者様ごとに、使用後すぐにオイル洗浄を行い、高速滅菌器にかけています。

患者様ごとに滅菌したものに毎回交換しています。



超音波洗浄機超音波洗浄機

さらに消毒液を満たした超音波洗浄機で器具の隅々まで洗浄します。


高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

歯を削る道具(タービン、エンジン、ドリルヘッド、ハンドピース)などの耐熱性のある器具(金属類)全てに渡ってオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)で滅菌を行います。



ステラパックステラパックによる包装

個別包装することによって滅菌レベルを更に高めています。

使用する直前に開封いたします。


ガス滅菌装置ガス滅菌装置

高温で滅菌するオートクレーブに対応していない物も、低温のガス滅菌装置ですべての物を滅菌することが可能です。



空間除菌プラズマクラスター空間除菌プラズマクラスター

プラズマクラスターはインフルエンザウィルスに効果があることが証明されております。


アルコール製剤 E-takアルコール製剤 E-tak

広島大学の二川教授の開発されたE-takは消毒後も抗菌効果が持続するアルコール製剤で、診療椅子などの消毒に用いております。



検温・消毒検温・消毒

非接触での検温と手指の消毒をお願いしております。



口腔内の清潔管理は感染症やウィルス感染への大切な対策になります。

感染対策として、身体を清潔にしておくことや手洗いうがいは大変重要になります。それは、感染経路がお口や鼻、目などの粘膜からであるためです。

また、口腔内が不衛生で細菌が一定以上いると出すタンパク質分解酵素はウィルスが感染することを助長してしまいますので、ご自身でのセルフケアと共に歯科医院でのプロメンテナンスを受けて頂くことを推奨しています。


口腔内が不衛生ですと肺炎リスクも高まります。

年齢を重ねると、誤嚥といって食べ物が気道にはいってむせかえることがあると思います。

これが一時的なものであればいいですが、高齢者が慢性的に誤嚥を繰り返すと、食べ物などと一緒に細菌が気管や肺に入って、肺炎を引き起こすと言われています。

新型コロナウィルスなどの感染症と肺炎が合わさると、重篤化しやすく大変キケンです。

根源となる口腔内の衛生面は常に気を付けていく必要があるでしょう。


Copyright © 2010-2021 Ikuma Dental Clinic. All Rights Reserved.
075-605-1082 LINE歯並び相談

LINE歯並び相談

京都市 いくま歯科医院 MENU