アンチエイジングメニュー

京都市 いくま歯科医院
HOME HOME >> 診療方針・治療案内 >> 訪問歯科

訪問歯科

クリニックへ何かしらの理由で来院できない方を救いたい!

いくま歯科医院 院長はじめまして。

医療法人圭真会理事長の伊熊(いくま)と申します。

痛い歯を削って治すことが大切だとは考えていません。

当院では、「痛みがとれればいい」「痛いところだけ治ればいい」ということではなく、長期にわたって健康な口腔内環境を整えることによって、健康な食生活、豊かな人生のサポートをさせていただきたいという想いのもと、歯を治すだけでなく、歯の大切さを理解していただき、患者様のお口やお身体をトータルで守るお手伝いをさせていただきたいと考えております。


皆様へのメッセージ

治療内容などについては、さまざまなツールを用いて、わかりやすく丁寧にご説明いたします。ご納得いただけるまでしっかりと向き合っていきますので、「歯医者さんはちょっと苦手・・・」という方も、安心してご相談下さい。

顔の見える密接な連携、小まめな情報提供、身軽なフットワーク、ご家族への対応等、診療のノウハウを日々磨いております。皆様のご意見を頂きながら、私たちも進化していきたいと思います。気兼ねなくお申し付けください。

健康的な笑顔を支えるサポーターとして、末長くお付き合いしていく所存です。スタッフ一同、温かくお迎えする準備を整えてお待ちしております。

訪問歯科部門長~訪問歯科専門歯科衛生士~

お口に関連するトラブルや相談ごとはございませんか?

  • 訪問歯科口が乾く
  • 入れ歯があわない
  • 硬いものが食べれない
  • おしゃべりしていて、よくムセてきた
  • 汁物・飲み物でよくムセている
  • 誤嚥性肺炎を繰り返し起こしている。
  • 胃ろうや経管栄養でも口から味わいたい

当法人では、上記のようなお悩みを持っている患者さん、ご家族を食支援という形で支援しております。

皆様へのメッセージ

皆様、初めまして。

医療法人圭真会 訪問歯科部門長の上東(うえひがし)と申します。

「人生の終着点まで自分の口や歯で食事を楽しみたい!」とお考えの方は、多くいらっしゃいますが、往診、訪問歯科の存在を知らないがゆえに、その希望を叶えられないという方も多くいらっしゃいます。

当法人としては「食べてイキイキ!!健口長寿!!」という考えのもと、訪問歯科事業を通じて「1人でも多くの方の健やかな口腔環境の創出、健やかな身体をつくり、健やかな長寿を支えていきたい」と考えております。

何かお悩みがあれば、お気軽にご相談ください!


訪問歯科について

訪問歯科とは

訪問歯科で主に行うこと

虫歯・歯周病の治療

虫歯・歯周病の治療

入れ歯の修理・調整

入れ歯の修理・調整

口腔ケア指導

口腔ケア指導


その他にも下記のようなことも行っております!

◇誤嚥性肺炎の予防のための専門的口腔ケア

◇家族への清掃・口腔ケアの方法の指導およびアドバイス

◇口腔機能改善のためのリハビリ体操とトレーニング

◇摂食嚥下機能を向上・維持するトレーニング

訪問歯科のサービスを利用できる方は?

おひとりでの歯科通院が困難で、ご自宅(訪問先)が訪問歯科を行う歯科医院のサービス提供地域内(歯科医院から半径16km以内)にある方が対象となります。

”通院が困難な方”とは、歯科医師(または医師、薬剤師)が「通院困難」と判断した方となります。介護度などでの具体的な線引きはありません。

ご高齢の方をはじめ、認知症、統合失調症、脳梗塞、リウマチ、パーキンソンといった特定疾患でリハビリ療養中の方、障がいをお持ちの方などにご利用いただいております。

※歯科通院が困難である何かしらの理由があることが前提ですが、医師の診断書等は一切不要です。


訪問対象範囲と症状

主な訪問エリアは京都市伏見区になりますが、当院から半径16㎞(直線距離)以内に、ご自宅や利用中の施設のある方も対応可能となります。まずはお気軽にご相談ください。

訪問エリア

訪問エリア

※マンションや特養・老健、有料老人ホーム、グループホーム、サービス付高齢者向け住宅なども訪問いたします。またお泊りの日であれば、ショートステイや小規模多機能型居宅介護も訪問が可能です。

主に対象となる症状

  • 入れ歯をしているが、噛むと痛い、外れやすい、喋りにくいという不具合を感じる
  • 歯茎がはれたり、血が出たり、ぐらぐらする歯がある
  • うまく飲み込むことができなかったり、食事中に咳き込んだり、むせたりしやすい

訪問歯科のフローチャート~流れ~

往診/訪問歯科をご希望の方は下記の流れで!

①歯科衛生士による事前調査

治療やケアの必要性・大体の費用や駐車場の有無、口腔内評価・アセスメント評価の調査をして多職種連携をはかります(無償)

②治療開始

歯科医師が歯科衛生士と同行し治療開始(初診)治療費発生していきます

③口腔ケアの実施

歯科衛生士による単独口腔ケア・口腔リハビリ開始(週1回/月4回)決まった日時にお伺いします。

④継続的な治療/口腔ケア

居宅の場合は3か月以内に歯科医師による往診1回(再診)。施設は1ヶ月以内往診1回。歯科衛生士は、継続して口腔ケア・口腔リハビリを行うことになっていきます。

主に対象となる施設

  • 居宅(ご自宅)
  • 有料老人施設
  • 小規模多機能型居宅介護

など幅広く対応中!
まずは当院スタッフまでご相談ください!


訪問歯科の料金について

訪問歯科は基本的に全て保険適用です

訪問歯科は、基本的に全て国の定める保険適応で行うことができます。

交通費や出張費、謝礼等は一切かかりませんので、歯科医院への通院ができないという方はぜひご利用下さい。

※3割の場合など、負担割合には留意ください。

料金


訪問歯科・口腔ケアの効果

理由1.歯の本数で、認知症の発症・進行リスクが変わる

歯が20本以上ある人に比べて、歯がほとんどなく入れ歯未使用の人では、認知症の発症リスクが1.9倍も異なるという結果が出ています
また、なんでも噛める人に比べて、あまり噛めない人では認知症の発症リスクが1.5倍といわれています。

理由2.とても恐ろしい病気「誤嚥性肺炎」

ご高齢の方に多い病気で、口腔内の細菌が気管から肺に入って罹患する疾病です。ケアが十分でなく、お口の中がよごれた状態にあり、体力が低下している方は、食物の残りかすなどが気管に入ると、細菌感染が起こり肺炎に罹りやすくなります。
90歳代の方が亡くなる原因においては、がんや心疾患を抑えて、なんと肺炎が1番の原因となっています(全年齢においても、肺炎で亡くなる方は3番目に多くなっています)。

理由3.発熱やインフルエンザの予防

専門的口腔ケアを行っている方々と、そうでない方々では、発熱の発生率に差があり、口腔ケアを行っている方が、発生率が低いことがわかっています。
口腔ケアには、発熱や感染症のリスクを低減させる効果があるといえます。
(出典/米山武義ら:介護高齢者に対する口腔衛生の誤嚥性肺炎予防効果に関する研究.日本医学会誌,2001)

理由4.糖尿病の予防

歯周病と糖尿病には深い関係があるとわかっています。歯周病の方は、糖尿病になるリスクが約2~3倍高くなるという結果が出ています。血中に歯周病菌が入り込むと、血糖値を下げるインスリンの障害になるとされています。さらに最近の研究では、歯周病による歯ぐきの炎症が糖尿病を発症・悪化させるこということが、明らかになっています。
このように、糖尿病の原因の一つに歯周病があると考えられてきています。口腔内ケアは糖尿病予防にも効果を発揮するのではないかと期待が寄せられています。


お問い合わせ先

医療法人圭真会 いくま歯科医院

電話でのお問い合わせ・ご相談

075-605-1082

訪問歯科診療依頼書(PDF)のダウンロードはこちらから


診療方針・治療案内へ戻る


Copyright © 2010-2021 Ikuma Dental Clinic. All Rights Reserved.
075-605-1082 LINE歯並び相談

LINE歯並び相談

京都市 いくま歯科医院 MENU